面接対策

【小学校受験】面接で好印象を与える母親の服装・髪型は?アクセサリーはOK?

無料メルマガにて最新情報を配信!

『小学校受験三ツ星ガイドの公式無料メルマガ』では、最新の小学校受験に関する情報受験ノウハウイベント・セミナー情報などについて無料配信しています!

そのため、小学校受験をするご予定の方いち早く最新情報を知りたい方はもちろん、小学校受験を受けようか迷っている方も、ぜひ無料登録してくださいね!

今回は、小学校受験の面接で、好印象を与えるお母様の服装やヘアスタイル(髪型)についてご紹介します。

そのため、面接でどのような服装がいいのかわからない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

面接におけるお母さまの定番スタイル

お母さまの面接での服装のコンセプトは、

清楚でサッパリ、そして優しく

です。

面接を含めた考査での服装の色は基本的に親子ともに紺色となっています。

また、あくまでもメインはお子さんです。

そのため、お子さんを引き立てるような清楚でサッパリとした印象を与える服装を意識することが大切です。

これを踏まえた上で、お母さまの面接における定番スタイルは以下のような服装になります。

まず、メインとなるのは、ウール地のワンピース+ジャケットです。

ワンピースに関しては、足捌き(あしさばき※1)の良いフレアタイプがオススメです。

また、座ったときに膝が出ない(膝頭が隠れる)丈の長さを選ぶのもポイントです。

※1:足の運び具合のこと。
※2:端に行くに従って、次第に開いていくタイプ。

もし、面接・学校説明会を一着で済ましたい場合は、サマーウール製を選ぶようにしましょう。

また、ジャケットに関しては、ワンピースとセットアップで購入するようにしましょう。

清楚で優しく、品のある印象を与えられるように、首元までキッチリ閉まる襟付きのタイプを選ぶのもポイントのひとつです。

ちょっとしたデザインの違いやスタイルによって、見た目の印象はガラッと変わるので、しっかりと試着して選ぶようにしましょう。

アクセサリーは結婚指輪のみ!

面接では、ネックレスやイヤリング、ブレスレットなどのアクセサリーは控えるようにしましょう。

基本的には結婚指輪のみでOKです。

あくまで、お母さまの面接での服装のコンセプトは、

清楚でサッパリ、そして優しく

ですので、余計なアクセサリーは身につけないようにしましょう。

スポンサーリンク

面接で好印象を与える髪型

次に面接で好印象を与える髪型(ヘアスタイル)について解説してきます。

まず、髪の色は「黒色」が基本です。

そのため、明るい色に染めている方は、受験のときは黒色に戻しましょう。

また、ロングヘアの方は、一つにまとめることで、より清楚で優しく、品のある印象を与えることができます。

ただ、派手なヘアアクセサリーではなく、黒、または紺色のシンプルなバレッタやシュシュでスッキリとまとめるようにしましょう。

一方で、ボブスタイルなどショートヘアの場合は、横の髪の毛をキッチリと耳にかけるようにしましょう。

メイクは”ナチュラル風”

メイクに関しては、自然な仕上がりであるナチュラルメイクにとどめ、ネイルやエクステなどは付けないようにしましょう。

全体的に“ナチュラル(自然な仕上がり)”になることを意識することがポイントです。

【その他に必要なものは?】
持っておくべき6つのアイテム

上記の服装の定番スタイル以外に持っておいたほうがいいアイテムは以下の6つです。

①パンプス
②スリッパ
③ハンドバッグ
④サブバッグ
⑤レインコート

①~⑤も学校説明会の際に必要になるので、しっかりと前もって準備しておくようにしましょう。

では、それぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう

①パンプス

まずは、先ほどご紹介したワンピース+ジャケットのセットアップに似合うパンプスです。

パンプスは、黒革のものを用意しましょう。

また、ヒールの高さは3~5cmで、安定感のある太めのものを選ぶことで、美しい姿勢を保つことができ、清楚な印象を与えることができます。

また、先が丸い「ラウンド・トゥ」はやわらかい印象を、先が四角い「スクエア・トゥ」は聡明(知的)な印象を与えることができます。

②スリッパ

面接や学校説明会では、スリッパを持参する必要があります。

スリッパも靴と同様にヒールがあるタイプを選ぶと足元がスッキリして見えます。

ですが、学校によっては親御さんと一緒に運動をする試験があるため、その場合は「かかとつき」のスリッパを選ぶようにしまそう。

いずれにせよ、面接も含めて志望校の試験内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。

③ハンドバッグ

ハンドバックは、ハンカチやティッシュ、その他貴重品を入れるために必要です。

色はワンピース+ジャケットに合うように黒革のものを。

また、一本手のものが主流で、膝などに置いたときに安定感のあるものを選ぶようにしましょう。

④サブバッグ

サブバッグは、スリッパや願書(その他書類)、お子さんの着替えなど入れるのに必要です。

足元に置くこともあるので、上記の画像のように少しサイズが大きめの自立したバッグを一つ用意しましょう。

色は紺、または黒色が主流で、底びょう(※)があるのもを選ぶのもポイントです。

※バッグの底に鋲(びょう)を取り付けたもの

⑤レインコート

最後に念のため用意しておきたいのが「レインコート」です。

学校説明会や面接日が雨の場合もありますので、そのときに一着あると安心です。

レインコートも基本的には紺色で、襟が大きめのデザインを選ぶと女性らしさが引き立ちます。

また、春~秋のどのシーズンでも使えるものを選ぶことがオススメです。

【服装は合否を分けるカギではない!】
学校ごとに服装を変える必要はなし!

ここまで、小学校受験で定番と言われるお母さまの服装やヘアスタイルをご紹介してきました。

受験での保護者の服装は、試験官に良い第一印象を与える上で大切な要素のひとつです。

ですが、それと同時にもう一つ大事なことがあります。

それは服装が合否を分けるのではないという点です。

先ほどご紹介した定番の服装、また、それに近いものあれば、あとはお子さんや保護者の方々の能力や人格が合否に大きく影響してきます。

そのため、巷に溢れる「◯◯小学校は~な服装がいい」というようなことは基本的に気にする必要はありません。

小学校受験は決して”ファッションショー”ではありません。

ですので、清潔感落ち着き(適切な品格)があり、さっぱりとした印象を与えられる服装であれば、基本的にも問題ありません。

そのため、必要以上に服装にお金をかけないようにしましょう。

また、今現在はレンタルなどを行っているところもありますので、わざわざ購入する必要ないとお考えの方はそちらも検討してみるのも良いと思います。

さいごに

今回は小学校受験の面接におけるお母さまの服装の定番スタイルやポイント、注意点をご紹介してきました。

保護者の服装は試験官に良い第一印象を与えるための一つの要素です。

ですが、決して服装だけで合否が決まるわけではないので、必要以上に買い揃えたりする必要はありません。

そのため、あくまで服装を含めた身なりは、良い第一印象を与えるためのものであることを理解した上で、試験官に”清楚で優しく、サッパリとした印象”を与える服装を意識してみるようにしましょう。

また、購入する際は必ず受験服を取り扱う店舗へ足を運び、試着して決めるようにしましょう。

お子さんの服装に関しては性別でポイントや注意点が異なるので、それぞれ以下の記事でしっかりチェックしてみてくださいね!

【小学校受験の男子の服装と髪型】面接で好印象を与える服装や髪型のポイント!受験において、息子さんの服装は"良い第一印象"を与えるため大切な要素のひとつです。また、小学校受験では男の子の服装の定番スタイルがあります。そこで、今回は小学校受験における男の子の服装やポイント、注意点などについてわかりやすく解説していきます。...
【小学校受験の女子の服装と髪型】面接で好印象を与える服装や髪型のポイント!受験において、娘さんの服装は"良い第一印象"を与えるため大切な要素のひとつです。また、小学校受験では女の子の服装の定番スタイルがあります。そこで、今回は小学校受験における女の子の服装やポイント、注意点などについてわかりやすく解説していきます。...

お父様の服装に関しては以下の記事の下部でご紹介しているので、こちらもチェックしてみてくださいね!

【小学校受験】母親・父親の面接の服装の定番やポイント、注意点を解説!小学校受験においてお母さまとお父さまの服装は面接官の先生に良い印象を与えるために非常に重要です。そこで、今回は小学校受験におけるお母さまお父さまの服装の定番やポイント、注意点などをわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!...
無料メルマガにて最新情報を配信!

『小学校受験三ツ星ガイドの公式無料メルマガ』では、最新の小学校受験に関する情報受験ノウハウイベント・セミナー情報などについて無料配信しています!

そのため、小学校受験をするご予定の方いち早く最新情報を知りたい方はもちろん、小学校受験を受けようか迷っている方も、ぜひ無料登録してくださいね!