学校紹介

【慶応義塾横浜初等部〈学校情報〉】教育理念や特色、学費や制服など解説!

公式LINE@にて最新情報を配信!

小学校受験三ツ星ガイドの公式LINE@では、最新の小学校受験に関する情報イベントセミナー情報などについて無料配信しています!

そのため、小学校受験をするご予定の方いち早く最新情報を知りたい方は、ぜひ友だち追加してくださいね!

友だち追加

慶応義塾横浜初等部は、2013年に開校しました。

学力の重視はもちろんのこと、体験や自己挑戦、言葉の力への教育も大切にしています。

また子供たちは、協力する力や倫理観などといった、さまざまな部分の成長を目指します。

慶應義塾横浜初等部の基本情報

学校名 慶應義塾横浜初等部
校長名 山内慶太
創立年度 2013年
系列校 慶應義塾幼稚舎
慶應義塾普通部
慶應義塾中等部
慶應義塾湘南藤沢中等部
慶應義塾高等学校
慶應義塾女子高等学校(女子)
慶應義塾女子高等学校(男子)
慶應義塾湘南藤沢高等学校
慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)
慶應義塾大学・大学院
児童数 648名
※2019年度
1クラスの人数 432名
クラス数 3学級

所在地・最寄り駅

住所 〒225-0012
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南3-1-3
アクセス 東急田園都市線 江田駅下車
徒歩約10分

教育理念・目標

慶応義塾横浜初等部では、子供たちが社会で活躍することを視野に入れた教育をしています。

基本的な学力に重点を置くだけではなく、体験・自己挑戦・言葉の力といった3つの教育も大切にしています。

子どもたちには、身体健康精神活発・敢為活発堅忍不屈の精神(福澤先生の言葉)を視野に入れて、成長することを目指しています。

慶應義塾横浜初等部の特色

慶應義塾横浜初等部には以下の6つの特色があります。

高等部までの12年一貫教育
横浜初等部の教育の3つの柱
豊富な課外活動
充実した校外学習
横浜初等部の英語教育
特色ある授業「福澤先生の時間」

では、それぞれの特色についてもう少し詳しく見てみましょう。

高等部までの12年一貫教育

慶應義塾横浜初等部は、推薦制度により湘南藤沢中等部・高等部に進学することができます。

大学進学に向けて、12年間で一貫した教育を受けることにより、長い時間でしっかりとした基礎学力を身につけていくことができます。

また、湘南藤沢高等部の卒業生は推薦により、ほぼ全員が慶應義塾大学へ進学することができるため、小学校入学時に大学進学までを見通すことができるのも特徴の1つです。

横浜初等部の教育の3つの柱

慶應義塾横浜初等部では、以下の3つの項目を教育の柱とし、それを軸とした教育を全教科で行っています。

体験型の教育

授業や行事、課外活動を問わず、どの活動においても「実際に体験すること」を重視した学習を行っています。

自らチャレンジする力を養う教育

得意分野はもちろん、苦手分野においても、チャレンジすることで自分の可能性を広げられるよう導いていきます。

言語力を養う教育

読書をしたり、自分の考えを表現したりなどといった活動を通し、書くこと・聞くこと・話すことにおける力を養います。

豊富な課外活動

横浜初等部では、高学年になるとクラブや委員会に所属することができます。

体操部、ラグビー部、テニス部、サッカー部などの運動系クラブや、美術部、音楽クラブなどの文科系クラブなどといった定番のクラブから、ちょっと変ったクラブとしては、LEGO部、宇宙エレベーターロボット製作部、慶應横浜ビジネススクールなどがあります。

委員会では、生活改善委員会、Enjoy School委員会やわが町美化委員会などがあります。

充実した校外学習

横浜初等部では、体験学習に力を入れているため、校外学習が充実しています。

2年生からは毎年、1年に1度宿泊学習を行います。

宿泊学習では、訪問する地域の特性を活かした様々な体験を行います。

横浜初等部の英語教育

横浜初等部では、英語に親しむことはもちろん、異文化についても学んでいきます。

低学年では、歌など身近な活動を通して自然と英語に触れていきます。

また、授業以外でも、国際交流プログラムなども積極的に導入しています。

英国の小学校との交換留学を行い、それぞれの文化を体験し合う取組みを行っています。

特色ある授業「福澤先生の時間」

慶応義塾大学の創立者である福澤先生の著作と生涯から、年代等に適した題材を取り上げ、道徳的な授業を行う授業があります。

また、時代に即したテーマも取り扱い、みんなで議論をし合いながら、考える力を養っていきます。

【ココだけは押さえておきたい!】
慶応義塾横浜初等部の学費や給食、施設、進学状況は?

ここでは、慶応義塾横浜初等部の学校生活や施設、進学など、選ぶ上で押さえておきたい状態についてご紹介します。

そのため、この小学校を検討している方は、しっかりチェックしてみましょう。

学費・設備費

費用名 学費
入学金 340,000円
 授業料 940,000円(年額)
施設設備費 450,000円(年額)
教材費  20,000円(年額)
給食費 110,000円(年額)

授業・学校生活

登校時間 8:20
学期 3学期
クラス替え 2年毎
通学制限
制服 あり
土曜授業 あり
給食 週5回
クラブ活動
アフタースクール
セキュリティ 江田駅からの通学路をはじめ、学校周辺については、複数体制で配置された警備員が監視。
災害時の対応 校舎は十分な耐震性を計算して設計施工
非常食、毛布、水などを備蓄
一斉配信システム

施設・設備

図書数 あり
パソコン あり(30台)
プール あり
体育館 あり
その他 講堂
多目的教室
和室「望雲第」
食堂
立科山荘

進学・進路

併設校への進学状況

小→中
中→高

一日の流れ&学校行事

ここでは、慶應義塾横浜初等部の一日の流れと一年間の学校行事についてご紹介します。

1日の流れ

7:30~8:20 登校
8:20~8:40 朝の会
8:40~12:10 授業
12:10~13:10 給食・昼休み
13:10~14:50 授業
14:50~15:15 帰りの会・清掃
15:15~16:15 放課後・クラブ活動・委員会
16:15~16:30 下校

学校行事

4月 入学式
開校記念日
5月 交通安全指導
遠足
春の早慶戦
6月 避難訓練
7月 一斉健康診断
8月
9月 避難訓練
10月 自由創作展
運動会
11月 秋の早慶戦
12月 音楽会
1月 福沢先生御誕生日
2月 避難訓練
福沢先生御命日墓参
3月 学芸会

今年度の学校説明会の日程

1

日程 2018年7月28日(土)
場所 慶應義塾横浜初等部 講堂
時間 10:00-11:30
13:30-15:00

2

日程 2018年7月29日(日)
場所 慶應義塾横浜初等部 講堂
時間 10:00-11:30
13:30-15:00

【備考欄】
体調不良等のやむを得ない理由で当日急遽欠席をされる場合は,yes@info.keio.ac.jpにご連絡ください。
幼児,児童の同伴はご遠慮ください。
座席数の都合上,映像配信の会場になる可能性があります。ご了承ください。
学校説明会の後,定められた順路に従って学校内を見学することができます。順路以外への立ち入りはご遠慮ください。
会場での録音・録画・撮影はご遠慮ください。
節電のため,校内空調の下限設定温度を26度にしています。どうぞ軽装でお越しください。
室内履きは不要です。
自家用車の入構はできません。
必ず公共交通機関をご利用ください。
学校周辺の路上または店舗における駐車は,近隣への迷惑となりますので固くお断りいたします。

慶応義塾横浜初等部の沿革・歴史

1858 福沢諭吉、蘭学塾を開始
1868 慶應義塾と命名
1871 三田に移転
1874 幼稚舎発足
1890 大学部発足
1898 一貫教育制度を確立
1934 日吉キャンバス開校
1947 中等部開校、一貫教育において男女共学を開始
1948 女子高等学校開校
1957 志木高等学校発足
1990 ニューヨーク学院を開校、海外での教育を開始する
湘南藤沢キャンバスを開校
1992 湘南藤沢中等部・高等部開校
2008 創立150周年を迎える
2013 横浜初等部開校

さいごに

ここまで、慶応義塾横浜初等部についてご紹介してきました。

慶應義塾横浜初等部では高等部までの12年一貫教育や豊富な課外活動、充実した校外学習など、さまざまな特色があり、お子さんの成長のきっかけになる教育が施されている学校です。

そのため、ぜひ、ご家庭の志望校の一つとして検討してみてくださいね。

公式LINE@にて最新情報を配信!

小学校受験三ツ星ガイドの公式LINE@では、最新の小学校受験に関する情報イベントセミナー情報などについて無料配信しています!

そのため、小学校受験をするご予定の方いち早く最新情報を知りたい方は、ぜひ友だち追加してくださいね!

友だち追加