学校紹介

【国府台女子学院小学部〈学校情報〉】教育理念や特色、学費や制服など解説!

国府台女子学院小学部は、1960年に開設され、浄土真宗の仏教教育を行っています。

子どもたちは、厳しさのあるしつけから、敬虔・高雅・勤労の3つを身に着けることを目指しています。

国府台女子学院小学部の基本情報

学校名 国府台女子学院小学部
校長名 平田 史郎
創立年度 1960年
系列校 国府台女子学院中学部
国府台女子学院高等部
児童数 438名
女子:438名
※2019年度
編入試験制度 あり

所在地・最寄り駅

住所 〒272-8567 千葉県市川市菅野3-24-1
アクセス 京成本線・市川真間駅より徒歩5分

教育理念・目標

人や女性として重要なベースを、きちんと6年間で得ることを目指しています。

特に、小学部は知性・情緒を作るうえで重要な時でもあります。

しっかりと知ることや学ぶことへの喜びや自分で行動をすることができる環境を用意しています。

国府台女子学院小学部では、仏教の教えから感謝や謙虚に対する心も育みます。

三代目標
・敬虔・・・常に我が身を振り返る素直な心を養う。
・高雅・・・心身を整え、気高い品性を身に着ける。
・勤労・・・実践を通て、生きる智慧を身に着ける。

学校長挨拶

本学院で身に付ける「生きるスキル」と「本質を見極める力」
教育とは、畢竟、子供達に知的渇望をいだかせることだ、と言うのが私の信念です。

アイザック・ニュートンは私たち人間を、真理という大海の渚で貝殻を拾って喜ぶ子供に譬えましたが、子供達もまた飽く事無き知的好奇心を持って日々を生き、その心を満たすことで成長していくのです。

本学院では、子供達の知的好奇心を育みつつ、その精神が著しく成長する十二年を通し、以下の二つのアプローチから子供達の成長を支援したいと考えています。

その一つは教育の「方法論」とも言うべき側面です。

これは子供達に必要な多くの知識をいかに効率的に身に付けさせるかを目指し、一貫教育校としての教育内容の精選や、多様な進路志望に対応するきめ細かな教育課程の編成、あるいは正確な受験情報の周知など、自身のキャリア選択に必須の知識やスキルを体系的に身に付けさせる事を目的とする私学教育には不可欠な要素で、言うならばナンバーワンを目指す教育です。

しかし、教育はただ知識の多寡を問う事に加え、子供達自らに「なぜ学ぶのか」「なぜ生きるのか」を自問させるものでなくてはなりません。何故なら、真理を希求するため、また知を愛するがゆえに学ぶという、学びの本質を子供達に伝える事無くして教育は教育たりえないからです。

これが教育の「意味論」、言うならば子供達の自己言及性を涵養し、オンリーワンの自覚を促す心の教育です。

本学院では今後もこの方法論と意味論という二つの側面から教育に取り組み、子供達に自身の未来を切り拓く力を育みたいと考えています

【引用元】学校長挨拶|国府台女子学院小学部

国府台女子学院小学部の特色

国府台女子学院小学部には以下の6つの特色があります。

小物にまでこだわった制服
心の教育の充実さ
知性を高める教育内容になっている
様々な課外指導がある
クラブ活動や児童会活動の充実
充実した施設が完備されている

では、それぞれの特色についてもう少し詳しく見てみましょう。

小物にまでこだわった制服

セーラー服のお色は、オリーブグリーンとなっていて、落着きのある色合いとなっています。

過ごしやすい季節である春と秋は、合服を用意しているので合服を着用することができます。

制服だけではなく、麦わら帽子ベレー帽を用意しているので、女子らしさもしっかりとあります。

また、カバンと革靴も用意しています。

心の教育の充実さ

合掌や礼拝を通じ、きちんと感謝の気持ちや礼節を身に着けることができます。

制服と体操着は、風呂敷を活用して包むように指導しています。

風呂敷を使って丁寧に扱うことで、始末の心を身に着けられます。

茶道の授業を取り入れ、茶道ならではの所作の美しさを習得し、礼儀作法を学ぶことができます。

またこれは、日本文化を学ぶきっかけにもなります。

知性を高める教育内容になっている

勉強は、基本や基礎に重点を置いてしっかりと指導します。

また英語では、少人数制英語教育を取り入れており、これはネイティブスピーカーと一緒に学ぶことができます。

そしてただ座学をするのではなく、体験学習を通じ、自分で考えて動いていく力も身に着けることができます。

芸術や鑑賞も行っているので、感性を高める機会も用意されています。

様々な課外指導がある

地域交流もかねたボランティア活動をはじめとし、募金活動や12月に行われる寒天鍛錬では、5日間、朝にグラウンドを走ったり、様々な課外指導も用意しています。

これらは、心の成長体の成長につなげることができ、人を思う気持ち丈夫な体強い心をつくるきっかけにもなります。

充実した施設が完備されている

整備されたグラウンド充実した遊具プールやPC教室わくわくホールなど、充実した施設をしっかりと完備しています。

国府台女子学院小学部の校舎は、木のぬくもりがある校舎となっています。

図書館も充実しているので、図書館でしっかりと子どもたちは自分の中に知を蓄えることもできます。

【ココだけは押さえておきたい!】
国府台女子学院小学部の学費や施設、進学状況

ここでは、国府台女子学院小学部の学校生活や施設、進学など、選ぶ上で押さえておきたい状態についてご紹介します。

そのため、この小学校を検討している方は、しっかりチェックしてみましょう。

学費・設備費

費用名 学費
入学金 100,000円
 施設設備費 50,000円
 その他
(各会の入会金)
36,500円
 授業料 300,000円(年額)
  教材費 20,000円(年額)
その他 208,800円(年額)

授業・学校生活

登校時間 7:50
学期 3学期
クラス替え 2年に1回
通学制限
制服 あり
土曜授業 あり
給食 なし
クラブ活動 コンピューター
民舞
アンサンブル
リズム
科学
イラスト
運動競技
家庭科
美術
一輪車
アフタースクール オリーブグリーン・ルーム
セキュリティ 警備員
防犯カメラ
在校時施錠
入校証
全教室に内線電話を設置
全児童が防犯ブザー携帯
希望者は位置探索器・携帯電話所持許可
登下校情報・緊急情報メール配信システム
災害時の対応

施設・設備

図書数 あり
パソコン あり(30台)
プール あり
体育館 あり
その他 わくわくホール
アリーナ3
家庭科室
PC教室
グラウンド
遊具

進学・進路

併設校への進学状況

進路指導
小→中 原則として全員進学できるが、中学部進学判定テストを行う。
中→高 原則として全員進学できるが、高等部進学判定テストを行う。

一日の流れ&学校行事

ここでは、国府台女子学院小学部の一日の流れ一年間の学校行事についてご紹介します。

1日の流れ

7:50 週番活動
8:15 朝の読書
8:40 授業
12:20 昼食
13:10 清掃
13:35 理科の実験
14:30 オリーブグリーンルーム
下校

学校行事

4月 入学式
花まつり灌仏会
聖徳太子奉讃会
修学旅行
春の遠足
5月 創立記念式
母への感謝式
親鸞聖人降誕会
6月 学校説明会
7月 盂蘭盆会
夏期講習
七夕まつり(小)
水泳教室(小)
高原学校(小4)
8月
9月 学院祭
学校説明会
10月 入学試験
秋の遠足
芸術鑑賞会
11月 秋祭り集会
寒天鍛錬
12月 成道会
懺悔会
スキー学校
1月 報恩講
書初め大会
年賀状作品展
2月 涅槃会
3月 卒業式
ひなまつり
6年生を送る会

今年度の学校説明会の日程

第1回

日程 2019年 5月 18日(土)
場所 国府台女子学院小学部
時間  10:00~11:30

【備考欄】第1回学校説明会を実施いたします

第2回

日程 2019年 6月 29日(土)
場所 国府台女子学院小学部
時間 10:00~11:30

【備考欄】第2回学校説明会を実施いたします

第3回

日程 2019年 6月 29日(土)
場所 国府台女子学院小学部
時間  10:00~11:30

【備考欄】第3回学校説明会を実施いたします

国府台女子学院小学部の沿革・歴史

1926 文部大臣より国府台高等女学校設立の認可あり
4月8日
真間町東華園内友恒館にて入学式挙行4学級151名入学
5月9日
開校祝賀式開催日
1947 4月5日
学制改革により、国府台学院女子中学校・女子高等学校へ改称
1951 私立学校法により、学校法人平田学園が設立され校名を国府台女子学院と改称し、女子中学校を中学部、女子高等学校を高等部と改称
1960 小学部を開設 新入生33名入学
1975 創立50年記念式典
1984 高等部英語科・生活教養科を開設
1996 第3代学院長に平田史郎就任
2000 創立75年記念式典 タイムカプセル埋設
2011 中学部・高等部新校舎竣工
2012 寿光殿・小学部新校舎竣工
12月28日
菅野キャンパス竣工
2013 創立88年記念式典並びに新校舎落成記念祝賀行事開催

さいごに

ここまで、国府台女子学院小学部についてご紹介してきました。

国府台女子学院小学部では、心の教育の充実さ様々な課外指導クラブ活動や児童会活動の充実などの、さまざまな特色があり、お子さんの成長のきっかけになる教育が施されている学校です。

そのため、ぜひ、ご家庭の志望校の一つとして検討してみてくださいね。