課題別対策

【小学校受験】「つりあい(天秤)」の教え方とおすすめ問題集をプロが紹介

小学校受験のペーパーテストで、お子さんがつまずきやすい単元の一つに「つりあい」があります。

つりあいとは、シーソーや天秤を用いた問題です。

また、つりあいの問題といっても、種類はさまざまで単純に「重さ」を比べるものもあれば、「一対多対応」の考えなどをい用いるものがあります。

「重さ比べ」のシーソー問題に関してはこちらの記事で詳しく解説しているため、気になる方はチェックしてみてくださいね!)

そのため、「つりあい問題」をお子さんに教えるにあたって、まずはどんな考え方が必要なのかを知る必要があります。

そこで今回は、「つりあい問題」の教え方やおすすめの問題集について、小学校受験講師の意見も踏まえて、わかりやすく解説していきます。

つりあい問題で必要な4つの考え方

小学校受験の「つりあい問題」は、具体的に次のような問題があります。

【問題】

問題1:りんご2個はみかん何個でつりあうか
問題2:いちご9個はみかん何個でつりあうか
問題3:りんご1個はいちご何個でつりあうか
問題4:いちご12個はりんご何個でつりあうか

「つりあい問題」は、主に上記の4タイプの問題が出題されることが多いです。

また、問題1~問題4では、それぞれ用いる考え方が異なります。

では、問題の解き方について解説していきながら、それぞれの考え方について解説していきます。

問題1:りんご2個はみかん何個でつりあうか

「問題1:りんご2個はみかん何個か」では、掛け算の発想が必要になります。

問題では、以下のようにりんご1個に対してみかん2個が釣り合っています。

そのため、りんごが2個になったら、みかんの数も2倍にする必要になるため、答えは「4個」になります。

これは、「一対多対応」という考え方になります。

「一対多対応」問題には次のような問題もあります。

【問題】

車1台には、4個のタイヤがついています。では、車が3台あるとき、タイヤの数だけ◯を書きましょう。

答え:12個(3台×4個のタイヤ)

「一対多対応」は小学校受験のペーパーテストでよく出題される考え方の一つなので、しっかりとお子さんが身につけられるように教える必要があります。

問題2:いちご9個はみかん何個でつりあうか

「問題2:いちご9個はみかん何個でつりあうか」では、割り算の発想が必要になります。

問題では、以下のようにいちご3個に対してみかん1個が釣り合っています。

そのため、割り算の発想を用いて考えると、答えは「3個」となります。

これは「包含除(ホウガンジョ)」という考え方になります。

これも、割り算の基礎となる考え方で、小学校受験で必要になることが多いです。

そのため、しっかりとお子さんに身につけさせるようにしましょう。

問題3:りんご1個はいちご何個でつりあうか

「問題3:りんご1個はいちご何個でつりあうか」では、「置き換え」の発想が必要になります。

問題では、以下のようにりんご1個とみかん2個がつりあっていて、みかん1個といちご3個がつりあっています。

つまり、みかん1個につき、いちご3個でつりあうということですから、りんご1個につきいちご6個(みかん2個分)でつりあうということになります。

これは、「一対多対応」みかんといちごの「置き換え」の発想が必要になる問題です。

問題4:いちご12個はりんご何個でつりあうか

「問題4:いちご12個はりんご何個でつりあうか」では、”逆から考える力”が必要になります。

この問題ではまず、いちご12個とみかんが何個つりあうのか考える必要があります。

これは、問題2でご紹介した「包含除」という考え方を使えば、みかんが4個でつりあうことがわかります。

みかんの個数が出たら、今度はみかんとりんごを同じように「包含除」を用いて、りんごの数を考えます。

そうすると、りんご1個とみかん2個がつりあうわけですから、みかん4個に対してりんごが2個でつりあうことになります。

ゆえに、答えは「2個」になります。

つりあい問題のなかでは、特に問題3と問題4が難しく、お子さんたちがつまづきやすい問題となっています。

ですので、つりあい問題は最終的にこれらの問題に対応できるように教えていく必要があります。

「つりあい」のおすすめ問題集

次に、「つりあい」の練習をするときにおすすめの問題集をご紹介します。

基礎レベルの問題集!
商品の詳細情報

【商品名】
ばっちりくんドリル 数の比較・釣り合い[基礎編] (理英会の家庭学習支援シリーズ)
【価格】
770円

応用レベルの問題集!
商品の詳細情報

【商品名】
ばっちりくんドリル 数の比較・釣り合い[応用編] (理英会の家庭学習支援シリーズ)
【価格】
770円

スポンサーリンク

さいごに

今回は、「つりあい問題」の教え方やおすすめの問題集について、小学校受験講師の意見も踏まえて、わかりやすく解説していきました。

つりあい問題は、小学校受験を受けるお子さんがつまづきやすい単元のひとつです。

そのため、時間をかけて、丁寧に対策していく必要があります。

また、つりあい問題は、今回解説してきたように、「一対多対応」「包含除」「置き換え」などの考え方が必要です。

これらは、小学校入学後に習う掛け算や割り算の基礎となる考え方でもあります。

加えて、これらの考え方や単元は、幼児期のお子さんが理解するのには時間がかかります。

そのため、今回解説したことを参考に、丁寧に教えていってあげてくださいね!

また、つりあい問題と似た問題のひとつに「シーソー問題(重さ比べ)」があります。

「シーソー問題(重さ比べ)」の対策方法などに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

【小学校受験】「シーソー問題(重さ比べ)」の対策方法やコツを解説!小学校受験で頻出の単元のひとつに「シーソー問題」があります。このシーソー問題ですが、実は小学校受験を目指すお母さまやお父さまの間で、対策が難しい単元のひとつとして有名です。そこで今回は、シーソー問題の対策方法やコツを現役幼児教育講師が解説します。...