課題別対策

【小学校受験ペーパー対策】「長さの系列化(長さの比較)」の対策方法を解説!

小学校受験のペーパー課題で出題される単元のひとつに「長さの系列化」があります。

長さの系列化とは、簡単にいうと「長さを比べる問題」です。

具体的に、どんな問題なのかは以下の動画で詳しく解説されているので、参考にしてみてくださいね!

今回は、「長さの系列化」の対策方法やポイントについて、現役の幼児教育講師が解説していきます。

「長さの系列化」ってどんな問題?

「長さの系列化」は、小学校受験のペーパー問題でよく出題される単元のひとつです。

少し難しく聞こえますが、簡単に言うと「長さを比べる問題」のことです。

たとえば、以下のような問題です。

これは、糸巻きに巻かれた糸の長さを比べる問題です。

大人からすれば、当たり前に答えられる問題ですが、意外と幼児期のお子さんには難しい問題です。

また、他にも、以下のような端を揃えて、ピンとのばしたときの長さを比べる問題があります。

ほかにも、結び目の数によって、それぞれのヒモの長さを比べる問題もあります。

このように、長さの比較だけでも、さまざまな種類があります。

「長さの系列化」の対策ポイントとコツ

では、ここからは「長さの系列化」の対策ポイントとコツを解説していきます。

それは、次の3つです。

①実物を使って学ぶ

②長さを比べるときの法則を理解する

③いろいろなパターンを反復練習

では、①~③について、それぞれ詳しく解説していきましょう。

①実物を使って学ぶ

まずは、実物を使って、実験しながら練習してみることです。

「長さの系列化」の問題は、基本的に以下のアイテムがあれば可能です。

・ヒモ or リボン

・糸巻き or ペットボトル or トイレットペーパーの芯 

また、時間がなくて準備できない場合は、以下の動画を親子でチェックしてみるようにしましょう。

いきなりペーパーテストでやってもなかなか「理解」することはできません。

そのため、まずは実物を使って、いっしょにやってみるようにしましょう。

②長さを比べるときの解き方を理解する

実物を使って練習した後は、次に「長さの系列化」の解き方を教える必要があります。

「長さの系列化」問題のポイントは、それぞれのヒモの長さを把握することです。

例えば、以下の問題であれば、「ヒモの長さ=ヒモが巻かれている数」ということになります。

次に、以下の問題であれば、「ヒモの長さ=波の数」ということになります。

このように、「長さの系列化」には、解くための法則があります。

ただ、これを最初から教えると、本当の理解につながりません。

そのため、まずは①でお伝えしたように、実物を使ってから、②のように解き方を教えるようにしましょう。

③いろいろなパターンを反復練習

さいごは、いろいろなパターンの問題を反復練習することです。

「長さの系列化」といっても、さまざまな問題パターンがあります。

そのため、特定のタイプの問題は解けても、ちょっと出題のされ方が異なると解けないケースがあります。

そのため、いろいろなパターンの問題を反復練習して、しっかりと定着させるようにしましょう。

さいごに

今回は、「長さの系列化」の対策方法やポイントについて解説してきました。

「長さの系列化」は、大人にとっては簡単ですが、幼児期のお子さんが初めてやると、なかなかできません。

そのため、まずは実物を使って実際にトライして、感覚的に理解できるようにすることが大切です。

ぜひ、今回解説したことを参考に、対策してみてくださいね!