お受験の基礎

【小学校受験に英語は必要?】小学校受験講師がわかりやすく解説!

子どもの習い事のなかでトップの人気を誇る「英語教育」

最近では、インターショナルスクールなどに通わせるご家庭も増えています。

そのなかで、小学校受験を考えている親御さんから、

「小学校受験に英語は必要ですか?」

「小学校受験と英語教育は両立してやらせることはできますか?」

というご質問をいただくことがあります。

そこで、今回は、小学校受験講師がこれらのお悩みに回答していきたいと思います。

小学校受験に英語のテストはない

ご存知の方がほとんどだと思いますが、小学校受験の試験で英語の問題が出題されることはありません。

そのため、英語を習っていないと、小学校受験でご縁をいただくことができないということはありません。

近年、「大学入試での英語の4技能化」「小学校での英語の教科化」など、英語教育に大きな動きがありますよね。

高校入試でもスピーキングのテストが導入される動きが出ています。

また、中学入試でも、英語の科目を取り入れている学校が徐々に増えつつあります。

(小学校での英語の教科化に合わせて、今後より促進されていくでしょう。)

そのため、もしかしたら、小学校受験でも英語の試験が導入される可能性はあるかもしれませんが、現時点では心配いりません。

英語の習い後はやらせたほうがいい?

少し話がずれますが、英語の習い事は、小学校受験をする上でも子どもにやらせたほうがいいのかということについて解説していきたいと思います。

前提として、先ほどもお伝えしたように、小学校受験で英語のテストが出されることはありません。

ただ、英語学習をすることで、以下のようなメリットがあることがわかっています。

①考え方が柔軟になる

②思いやりのある子どもに育つ

③英語への抵抗感・恥ずかしさを持たない

④音の聞き分け・発音の流暢さ

⑤将来の認知症の発症が遅くなる

【参考】【いつから英語を習わせるべき?】英語の早期教育のメリット・デメリット!|イクノート

※引用文献などは上記の記事の下部にまとめてあります。

このメリットを見ると、①考え方が柔軟になる」「②思いやりのある子どもに育つなど、小学校受験に間接的にプラスの効果をもたらすこともあると言えます。

そのため、英語を話せるようになってほしいと同時に、もし小学校受験に少しでもプラスの効果をもたらしたいのであれば、同時に習うのもひとつの選択です。

キャパオーバーにならないように…

小学校受験を受けるお子さんは、習い事をいくつもやっていることが多いです。

幼児教室や英会話スクールに加えて、バイオリンやピアノ、バレエ、体操など、さまざまなことを習わせていて、毎日何かしら習い事があるというお子さんも少なくありません。

そうなると心配なのが、キャパオーバーになっていないかどうかです。

お子さんの成長を願うのであれば、適度な休息も大切になります。

また、小学校受験は、本番に近づくにつれて、緊張感も高まって、プレッシャーも大きくなります。

そうなると、お子さんが精神的に参ってしまうケースも多々あります。

そのため、お子さんの精神状態を注意深く観察して、バランスをとっていく必要があります。

年長は小学校受験に目標を絞ることをおすすめ!

先ほど、小学校受験の勉強を英語を両方やらせるとメリットがあるかもしれないというお話をしましたが、それは年中までのお話です。

受験生である年長になったら、できれば、小学校受験だけに目標を絞って、他の習い事を一時的にお休みしたり、頻度を減らすことをオススメします。

小学校受験を受けるご家庭は、そのためにたくさんの時間をかけて、試験に挑んできます。

それと対抗していくためには、やはり最後の一年は受験に専念したほうがご縁をいただける可能性も高くなります。

もちろん、ご家庭の事情もありますし、器用にそつなくこなすお子さんもいますが、基本的には小学校受験に的を絞って、専念することをおすすめします。

さいごに

今回は、小学校受験と英語の関係について、解説してきました。

小学校受験も大切ですが、英語教育も確かに大切です。

そのため、お子さんが無視しすぎない範囲で、ベストな形を模索してみてくださいね!