学校紹介

【早稲田実業初等部〈学校情報〉】教育理念や特色、学費や制服などを解説!

無料メルマガにて最新情報を配信!

『小学校受験三ツ星ガイドの公式無料メルマガ』では、最新の小学校受験に関する情報受験ノウハウイベント・セミナー情報などについて無料配信しています!

そのため、小学校受験をするご予定の方いち早く最新情報を知りたい方はもちろん、小学校受験を受けようか迷っている方も、ぜひ無料登録してくださいね!

早稲田実業学校1901年早稲田大学実業教育の普及振興という当時の時代のニーズに応えるために早稲田実業中学として開校した学校です。

初等部から大学までの一貫教育法華就実」「三敬主義に基づく伝統を踏まえた豊かな人間性自主独立を兼ね備えた、広く社会の貢献できる人間の土台をつくることを目標としています。

早稲田実業初等部の基本情報

学校名 早稲田実業学校初等部
校長名 森国 吉雄
創立年度 2002年
系列校 早稲田実業学校中等部
早稲田実業学校高等部
早稲田大学・大学院
児童数 642名
教職員数 専任教諭:55
編入試験制度

所在地・最寄り駅

住所 〒185-8506
東京都国分寺市本町1-2-1
交通アクセス JR国分寺駅・西武線国分寺駅 北口より徒歩7分

早稲田実業学校初等部の教育理念・目標

早稲田実業学校初等部では、大学までの一貫教育と通して、自主独立の気風にあふれ広く社会に貢献できる人間の土台を確立することを目標とし、本以下の教育方針を実践していきます。

1.男女共学により、両性の相互理解に基づく人間性豊かな児童を育成する。

2.一人ひとりの児童を尊重し、それぞれが持っている個性の芽を伸ばす。

3.身体を鍛え、豊かな心を養い、確かな学力を身につける。

4.自ら学び、自ら考え、自ら創り出し、自ら表現する力を育てる。

5.国際社会に生きる人間としての資質・能力の基礎をつくる。

スポンサーリンク

初等部校長挨拶

早稲田実業学校は、1901年に早稲田大学の創立者である大隈重信によって早稲田実業中学として設立されました。2001年に、創立100周年を迎え早稲田鶴巻町から緑豊かな国分寺の地に移転し、「早実二世紀」の一歩を踏み出しました。2002年に男女共学化と共に初等部を開校しました。早稲田大学系列校ではじめて初・中・高・大の一貫教育が完成し、新しい世紀の第一歩を刻むものであります。

早稲田実業学校の伝統と歴史は、校是に掲げる「去華就実」のもとに形成れてきました。上辺だけの華やかさではなく実をとる、外面的な美しさより内面的な美しさを求める精神のもとに、社会のあらゆる分野で貢献をなしうる人格の育成を目指しています。校訓である「三敬主義」は、他者を敬い、自己を敬い、事物を敬うことの大切さを説いてきました。謙虚でやさしく、自重自律し、すべてのことに敬いを持ってあたる誠実な姿勢を示すものです。こうした理念を受け継ぐ初等部6年間では、「一人ひとりの個性を尊重し、身体を鍛え、豊かな心を養い、確かな学力を身につけるとともに、自ら学び、考え、創り出し、表現する力を育て、人間性豊かな児童を育成する」ことを教育目標に掲げています。

本校には、その校風を愛し、そこで学ぶことを喜びとする多くの子供たちが集まるので、教師のきめ細やかな指導によって、初等部6年間で心も体も大きく成長していきます。児童一人ひとりは、発達段階に応じて強い意志力と集中力を持って努力し、個性の芽をしっかりと伸ばしていくことができます。そして、受験勉強に煩わされずに中・高等部に進みます。中・高等部の教育方針は「豊かな個性と高い学力と苦難に打ち勝つたくましい精神力を兼ね備えた人物を育成する」ことです。文武両道に励み、将来の目標をしっかり持ち早稲田大学に進学します。本校での12年間で、世のため人のために自ら汗を流すことができる、心優しい人材を育成し、早稲田大学の中核となりうる調和のとれた人間教育を目標としています。

初等部の校舎は、長い歴史と伝統を持つ中・高等部と同じ敷地内にあり、校内には日々子供たちの新鮮な空気が満ちており、校庭では嬉々とした遊ぶ姿が見られます。高い志を持つ中・高等部の生徒が勉強やスポーツに励み、さらに早稲田大学に進んで活躍する姿に、児童は自分の成長した姿を重ね合わせ、将来に対する夢や希望をしだいに明確にしていきます。

初等教育では、教師が児童に与える影響には大きなものがあり、その信頼関係は生涯の支えとなります。本校の全教職員は児童・保護者の皆様と誠実に向き合い、将来、社会に多くの貢献をなしうる人格の育成を目指し、全力を尽くしております。皆さんの入学を楽しみにしております。

初等部校長  森国吉雄

【出典】初等部校長|早稲田実業学校初等部

早稲田実業学校初等部の特色

早稲田実業学校初等部には以下の5つの特色があります。

小中高大の一貫教育
創造力を養う授業
五感を伸ばす教育
充実した国際教育体制

では、それぞれの特色についてもう少し詳しく見てみましょう。

小中高大の一貫教育

早稲田大学進学を見据えたとき、初等部の6年間基本をしっかり固める重要な時期です。

早稲田実業学校初等部では、大学までの長い道のりを見据えた目標を設定するため、受験などのために学業を詰め込むことなく、文武両道やゆとりある学習を行うことができます。

また、早稲田実業学校には「小中高連携教員」がおり、高学年では専門的な授業も行われます。

加えて、初等部から中等部への連携なども活発に行われています。

創造力を養う授業

効率の良さばかりの現代社会において、手を使ってする仕事がなくなりつつあります。

そこで早稲田実業学校初等部では、手を使ってものづくりを行う授業をたくさん取り入れています。そうすることで、創造力が養われます。

工作だけでなく、作文や美術、音楽など、表現型の学習をたくさん取り入れています。創り出すことの喜びを知り、創意工夫することができるよう育んでいきます。

五感を伸ばす教育

早稲田実業学校初等部では、自然に触れることを大切にしており、五感を使って感じ、表現し合うことを学んでいきます。

このような活動は、友だちとのコミュニケーションを生み、また自然科学の習得にもつながります。

また、自然のなかで見つけた発見は教室に持ち帰り、みんなで発表したり議論したりします。

そうすることで、コミュニケーション力表現力を伸ばすことにつながります。

充実した国際教育体制

早稲田実業学校初等部では、外国語教育はもちろん、日本語や母国文化の教育に力を入れています。

日本語や日本文化の学習は低学年から始まります。

母国の文化を理解し、大切にすることから国際理解が生まれるからです。

具体的に以下のようなカリキュラムを実施しています。

■国際理解授業

3,4年生では、早稲田大学の学生と留学生による授業が行われます。
英語圏以外にも様々な国の留学生が、母国の文化や歴史などについて発表します。

■外国語教育

5,6年生では、ネイティブ教員や早稲田大学の学生・留学生による授業があります。
6年生になると、社内で英語を通用語としている会社に見学に行くことも。また、6年生では英語学習の集大成として、英語劇を披露しています。

■ホームステイ

希望者が参加できるオーストラリアへのホームステイプログラムもあります。

【ココだけは押さえておきたい!】
早稲田実業学校初等部の学費や施設、進学状況

ここでは、早稲田実業学校初等部の学校生活や施設、進学など、選ぶ上で押さえておきたい状態についてご紹介します。

そのため、この小学校を検討している方は、しっかりチェックしてみましょう。

学費・設備費

費用名 学費
入学金 350,000円(1年次)
施設設備資金 300,000円(入学時)
父母の会入会金 2,000円
父母の会費 12,000円(1年次)
授業料 732,000円
施設設備 300,000円
1,382,000円
施設設備費 300,000円(2年次)
父母の会費 12,000円
授業料 732,000円
1,044,000円
父母の会費 12,000円(3年次~4年次)
施設設備費 300,000円
授業料 708,000円
1,020,000円
父母の会費 12,000円(5年次~6年次)
施設設備資金 300,000円
授業料 684,000円

授業・学校生活

登校時間 8:25
学期 3学期
クラス替え あり(隔年)
通学制限
制服 あり
土曜授業 あり
給食 あり
クラブ活動 フットサル
ティーボール
陸上
バスケットボール
卓球
遊具運動
アート
科学
パソコン
家庭科
ダンス
アウトドア
バドミントン
ミュージカル
アフタースクール
セキュリティ ・登下校指導
・経路別集会
災害時の対応 ・避難訓練
・登下校メール
・緊急連絡メール配信システム

施設・設備

図書数 あり
パソコン あり(30台)
プール あり
体育館 あり
その他 小室哲也記念ホール
美術室
音楽室
ゼミ室
和室
生徒食堂・生徒ラウンジ
柔道場
剣道場
調理実習室
被服実習室
Call教室
PC教室
物理実験室
科学実験室
生物実験室
地学実験室
屋内練習場
弓道場
ゴルフ練習場
多目的コート
技術室
家庭科室
理科室
第1音楽室
オープンスペース

進学・進路

併設校への進学状況

小→中 原則として全員が進学可能。
中→高 原則として全員が早稲田実業高等部へ進学。
高→大 早稲田実業高等部卒業生のほとんど早稲田大学へ進学。

併設高校から主要大学への合格実績

早稲田大学(推薦):407名
早稲田大学(受験):1名
東北大学:1名
筑波大学:1名

一日の流れ&学校行事

ここでは、早稲田実業学校初等部の一日の流れと一年間の学校行事についてご紹介します。

一日の流れ

8:25 登校
8:30~8:45 学級指導
8:50~10:20 1・2校時
10:20~10:40 中休み
10:45~12:15 3・4校時
12:15~12:55 給食
12:55~13:15 昼休み
13:15~13:25 清掃
13:25~14:55 5・6校時
14:55~15:05 学級指導
15:15 下校

学校行事

4月 入学式
4月8日(月)
1学期始業式
4月9日(火)
授業開始・2~6年生 給食開始
4月15日(月)
1年生 簡易給食開始
4月17日(水)
4~6年生 定期健康診断
4月18日(木)
1~3年生 定期健康診断
4月20日(土)
創立記念日
4月22日(月)
1年生 給食開始
4月27日(土)
授業参観・保護者会
5月 5月8日(水)~5月31日(金)
制服移行期間
5月21日(火)~5月27日(月)
1~6年生 個人面談
6月 6月3日(月)~9月30日(月)
夏季制服
6月10日(月)~6月28日(金)
教育実習
7月 7月9日(火)~7月12日(金)
台湾・薇閣小学校ホームステイ受入
7月12日(金)
避難訓練(引き渡し)
7月18日(木)
給食終了
7月19日(金)
1学期終業式
7月20日(土)~9月1日(日)  夏休み
7月21日(日)~7月23日(火)
5年生 宿泊学習(志賀高原)
7月23日(火)~7月25日(木)
4年生 宿泊学習(駒ヶ根)
7月24日(水)~8月2日(金)
1~3年 ハワイ・ミッドパシフィック サマースクール
7月28日(日)~8月8日(木)
6年生 オーストラリアホームステイの旅
7月28日(日)~8月11日(日)
4~6年生 スイス・サマープログラム
8月
9月 2学期始業式
9月3日(火)
給食・授業開始
9月5日(木)・9月9日(月)・9月10日(火)
保護者会
9月7日(土)
学校見学会・ミニ説明会 学校見学会・ミニ説明会
9月13日(金)~9月14日(土)
6年生 駒ヶ根合宿
9月28日(土)
運動会
10月 制服移行期間
10月18日(金)~10月19日(土)
3年生 宿泊学習(高尾の森)
11月 5・6年生 台湾・薇閣小学校へホームステイ
11月14日(木)~11月20日(水)
専科授業参観
11月26日(火)~11月29日(金)
6年生 宿泊学習(関西)
12月 授業参観・保護者会
12月19日(木)
給食終了
12月20日(金)
2学期終業式
1月 3学期始業式
1月9日(木)
給食開始
2月 学習発表会
2月14日(金)
6年生 保護者会
2月18日(火)~2月24日(月)
1~6年生 個人面談
3月 授業参観・保護者会
3月12日(木)
卒業式リハーサル
給食終了
3月17日(火)
卒業式
3月19日(木)
終業式

今年度の学校説明会の日程

第1回

日程 2019年6月2日(日)
場所 早稲田大学 早稲田キャンパス内 14号館教室
時間 (1)10:00~11:30
(2)13:00~14:30

第2回

日程 2019年9月7日(土)
場所 国分寺校舎・小室哲哉記念ホール
時間 (1)9:30~
(2)10:30~

【備考欄】
※(1)と(2)の内容は同じです。
※(1)の説明会は例年大変混み合います。
入場できない場合もございますので、ご都合のつく方は(2)の説明会をご利用ください

早稲田実業学校初等部の沿革・歴史

1901 早稲田実業中学開校
創立者:大隈重信
校長:大隈英麿
1902 早稲田実業中学を早稲田実業学校と改称
校長:天野為之
1907 早稲田鶴巻町に新校舎落成
1913 校歌制定
1915 学生文庫設立(図書館のはじまり)
1922 創立者大隈重信逝去
1926 早稲田商科学校併設
創立25周年記念式典
1944 早実工業学校設置
早稲田商科学校廃止
1945 早実工業学校廃止
1948 新制高等部発足(3年制)
第一本科は中学部・高等部の6ヵ年制
第二本科(夜間)は第二高等部(4年制)
1950 創立50周年記念式典
1956 天野為之胸像除幕式
1957 応援歌「若き力」「勝利の歌」「伝統の旗」発表
1963 「早稲田実業学校の早稲田大学系列下編入に関する合意書」調印
1964 普通科設置
1976 創立75周年記念式典
2001 国分寺キャンパス落成
創立100周年記念式典
2002 高等部商業科募集停止
中等部・高等部とも男女共学を実施
初等部(男女共学)開校
2004 王貞治記念グラウンド竣工
2005 初等部グラウンド人工芝整備
2006 第88回全国高等学校野球選手権大会において初優勝
2008 駒ヶ根校舎新宿泊棟竣工
中等部・高等部グラウンド人工芝整備
2011 創立110周年記念式典
2012 駒ヶ根校舎新食堂棟竣工
2014 初等部第1期生が高等部を卒業
2016 貞治記念グラウンド外野人工芝整備1期生が高等部を卒業

さいごに

ここまで、早稲田実業学校初等部についてご紹介してきました。

早稲田実業学校初等部では、創造力を養う授業や五感を伸ばす教育充実した国際教育体制など、さまざまな特色があり、お子さんの成長のきっかけになる教育が施されている学校です。

そのため、ぜひ、ご家庭の志望校の一つとして検討してみてくださいね。

無料メルマガにて最新情報を配信!

『小学校受験三ツ星ガイドの公式無料メルマガ』では、最新の小学校受験に関する情報受験ノウハウイベント・セミナー情報などについて無料配信しています!

そのため、小学校受験をするご予定の方いち早く最新情報を知りたい方はもちろん、小学校受験を受けようか迷っている方も、ぜひ無料登録してくださいね!