学校紹介

【鎌倉女子大学初等部〈学校情報〉】教育理念や特色、学費や制服など解説!

鎌倉女子大学初等部は、1951年に創立された京浜女子短期大学付属小学校が始まりで、1989年に名称変更しました。

子供たちには、確かな学力・豊かなこころ・健やかな体を育みます。

また、品位性も身に着けてもらうことを目指します。

鎌倉女子大学初等部の基本情報

学校名 鎌倉女子大学初等部
校長名 高橋正尚
創立年度 1989年
系列校 鎌倉女子大学幼稚部(共学)
鎌倉女子大学中等部(女子)
鎌倉女子大学高等部(女子)
鎌倉女子大学短期大学部
鎌倉女子大学
児童数 364名
男子:180名
女子:184名
※2019年度
1クラスの人数 30人
クラス数 3クラス
編入試験制度 あり

所在地・最寄り駅

住所 〒247-8511
神奈川県鎌倉市岩瀬1420
アクセス JR京浜東北・根岸線「本郷台駅」下車、徒歩15分

教育理念・目標

鎌倉女子大学初等部では、「感謝と奉仕のこころ」「ぞうきんと辞書をもつこころ」「人・物・時を大切にするこころ」といった、3つのこころを目標にしています。

子供たちには、学力の定着や健康な身体、豊かな心を身に着けてもらうことを目指し、品位性も育みます。

今後子供たちが社会に羽ばたいた時、自主性や創造性も品位と共に兼ねそろえた人材になるよう、教育しています。

学校長挨拶

初等部では、建学の精神である「感謝と奉仕に生きる人づくり」を基盤に、「豊かなこころ」「確かな学力」「健やかなからだ」を身に付けた品位ある初等部生の育成をめざしています。この普遍的な教育理念を継承しつつ、初等部生一人ひとりがこれからの社会の変化に力強く向かっていける教育環境を整えていくこともまた、わたしたちの使命と考えます。

その基盤となるのは、日々の一時間一時間の授業です。小学生の授業時間は、入学から卒業までの6年間でおよそ6000時間あります。その一時間一時間を初等部生にとって、いかに充実した授業としていくのか、これこそ初等部が最も大切にしていることです。授業は、学力の向上のみならず、こころやからだの成長にも大きな影響を与えます。初等部では、一人ひとりの初等部生に寄り添い、“ていねいできめ細やかな授業”を積み上げることこそ皆様の信頼に応えることだと考えています。

「5時間目の1年生」「授業の残り5分間」「全教科にバランスよく」これらは、初等部の授業を表すキーワードです。ともすると眠くなる昼休み後の5時間目、教師がはつらつと授業をし、1年生であっても活発に発言している姿、授業の残り5分間まで工夫された授業、そして集中して取り組む初等部生の姿、初等部では、これらの姿を日常としたいと考えます。また、例えば図工の時間に粘り強く作品を完成させることで得た自信は、算数の時間にも必ず生きてきます。どの子にも得意、不得意はあると思います。しかし、全教科に前向きに取り組むことにより培われる「主体的な学習態度」は、これから先の人生にも必ずや役に立つことでしょう。

“ていねいできめ細やかな授業”を実現するため、初等部では、「1年生のダブル担任制」をはじめ独自の取組みが数多くあります。初等部では、いつでも授業見学を受け付けております。ぜひ、日常の初等部生の姿を見に来ていただければ幸いです。

【引用元】学校長挨拶|鎌倉女子大学初等部

鎌倉女子大学初等部の特色

鎌倉女子大学初等部には以下の5つの特色があります。

鎌倉女子大学初等部の進学状況
豊かな心を育てる教育
鎌倉女子大学初等部の英語教育
目標を持って取り組む各種検定試験
鎌倉女子大学初等部の放課後教育

では、それぞれの特色についてもう少し詳しく見てみましょう。

鎌倉女子大学初等部の進学状況

鎌倉女子大学初等部は、男女共学の私立小学校です。

女子児童は併設の鎌倉女子大学中等部への推薦入試枠がありますが、男子児童同様に外部受験を行う児童もいるようです。そのため、鎌倉女子大学初等部では1年生の段階から保護者と密に連携を取り、個々の希望に沿った進路指導を行っています。

中学受験に必要な資料が揃う進路指導室も完備されています。

豊かな心を育てる教育

鎌倉女子大学初等部では、豊かな心を育てる教育として以下のような取り組みを行っています。

また、小学生の段階から、礼儀作法をしっかり身につけていきます。

校門での一礼
読書の推進
■13回の黙祷
清掃活動
日誌への記録
日本人としての作法指導

鎌倉女子大学初等部の英語教育

鎌倉女子大学初等部では、1年生からネイティブ教員による英語の授業が行われています。

低学年では基本をしっかり身につける授業が行われ、中学年では英語の絵本を読むことに挑戦しています。

また、3日間英語漬けの授業を行う短期集中講座など、英語と触れ合う機会を増やす取り組みが行われています。

目標を持って取り組む各種検定試験

鎌倉女子大学初等部では、目標を持って学習に取り組むことができるよう、以下のような各種検定試験を導入しています。全員受験を義務付けているものと、希望者が受験できるものがあります。

英検・英検Jr.
漢検
硬筆書写技能検定(希望者が受験)
数検
パソコン検定(学校独自の検定)
なわとび検定
泳力検定(学校独自の検定)

鎌倉女子大学初等部の放課後教育

鎌倉女子大学初等部では、放課後教育も充実しています。

課外クラブには、なぎなたや合唱、器楽クラブなどがあり、希望者が参加することができます。

また、放課後は16時まで図書館が開放されており、自由に本を読むことができます。

3年生以上で行われる放課後の英語教室や、4年生以上では基本教科の放課後講習なども開催されています。

このほか、学外に提携のアフタースクールを設置しており、最大21時まで預けることができるうえ、お迎えが遅い児童には夕飯対応も可能なため、共働き世帯でも安心して通わせることができます。

【ココだけは押さえておきたい!】
鎌倉女子大学初等部の学費や給食、施設、進学状況は?

ここでは、鎌倉女子大学初等部の学校生活や施設、進学など、選ぶ上で押さえておきたい状態についてご紹介します。

そのため、この小学校を検討している方は、しっかりチェックしてみましょう。

学費・設備費

費用名 学費
入学金 180,000円
 施設費 150,000円(入学一時金)
授業料 25,000円(月額)
 教育充実費 15,500円(月額)
 教材クラブ費 1,000円(月額)
 卒業積立金 500円

授業・学校生活

登校時間 8 : 25
学期 3学期
クラス替え 新3・5年次
通学制限
制服 あり
土曜授業
給食
クラブ活動 サッカー
ミニバスケットボール
なぎなた
スイミング
自然科学
テニス
バドミントン
家庭
器楽
合唱等
アフタースクール あり
セキュリティ 警備員
防犯カメラ
センサー
在校時施錠
入校証
家庭とのメール配信システムによる連絡
災害時の対応 避難訓練
学校連絡網システム

施設・設備

図書数 あり
パソコン あり(30台)
プール あり
体育館 あり
その他 図工室
第1音楽室
第2音楽室
多目的学習室
調理室
理科室
情報教育実習室
進路進学相談室
教育相談室
プール棟
初等部グラウンド
第1グラウンド
松本講堂
警備室

進学・進路

併設校への進学状況

小→中 女子は口内試験の成績が基準以上。

鎌倉女子大学初等部の学校行事

鎌倉女子大学初等部の学校行事は以下のとおりです。

4月 入学式
保護者会
授業参観
地区別安全集会
防災訓練
5月 個人面談
修学旅行(6年)
春の遠足
防災訓練
6月 運動会
7月 水泳指導
保護者会
8月 プール開放
9月 水泳指導
校内水泳記録会(4年~6年)
宿泊体験学習(5年)
授業参観
地区別安全集会
防災訓練
10月 宿泊体験学習(3年・4年)
秋の遠足(1年・2年)
陸上記録会(5年・6年)
芸術鑑賞
11月 みどり祭
12月 学習発表会
保護者会
卒業研修(6年)
1月 書き初め大会(3年~6年)
授業参観
防災訓練
個人面談
2月 卒業坐禅
卒業記念講演(6年)
3月 保護者会
卒業式

今年度の学校説明会の日程

1

日程 2019年2月23日(土)
場所 鎌倉女子大学初等部
時間 10:00~12:00
(9:30 受付開始)

【備考欄】

全体説明会・施設案内・個別相談
予約は不要です。参加ご希望の方は直接ご来校ください。

2

日程 2019年5月25日(土)
場所 鎌倉女子大学初等部
時間 9:30~12:00
(9:00 受付開始)

【備考欄】公開授業・全体説明会・施設案内・個別相談
予約は不要です。参加ご希望の方は直接ご来校ください

3

日程 2019年9月7日(土)
場所 鎌倉女子大学初等部
時間 9:30~12:00

(9:00 受付開始)

【備考欄】

公開授業・全体説明会・施設案内・個別相談
予約は不要です。参加ご希望の方は直接ご来校ください。

【注意事項】
※詳細については改めてお知らせいたします。

鎌倉女子大学初等部の沿革・歴史

昭和18年 学祖・松本生太先生によって京浜女子家政理学専門学校として設立される。
昭和21年 京浜女子家政理学専門学校を現在の鎌倉市岩瀬の地に再建
昭和23年 京浜女子家政理学専門学校附属中学校を設置
昭和25年 学制改革に伴い、京浜女子短期大学(家政科・保健科)を設置。
京浜女子短期大学附属高等学校、同附属幼稚園を設置。
京浜女子短期大学附属中学校と名称を変更 
昭和26年 京浜女子短期大学附属小学校を設置
昭和34年 京浜女子大学を設立し、家政学部家政学科を設置
昭和39年 京浜女子大学家政学部に児童学科を設置
昭和55年 学祖・松本生太先生生誕百年を記念した松本生太記念学舎を建設。
平成元年 鎌倉女子大学・同短期大学部・同高等部・同中等部・同初等部・同幼稚部と名称を変更。
平成7年 二階堂学舎を開設。
平成9年 山ノ内学舎を取得。
平成14年 鎌倉女子大学に児童学部(児童学科・子ども心理学科)を設置。
平成15年 大船キャンパスを開設し、大学・短期大学部を移転。
鎌倉女子大学家政系学科を改組拡充し、家政学科、管理栄養学科を設置。
岩瀬キャンパスのリニューアルを開始
平成16年 校舎リニューアル。
弓道場「至藝館」を建設。
プール棟を建設
平成17年 鎌倉女子大学家政学部に家政保健学科を設置。
児童学部児童学科・子ども心理学科の入学定員増
平成18年 鎌倉女子大学大学院児童学研究科を設置。
幼稚部ひまわり館を建設 
平成19年 鎌倉女子大学児童学部に教育学科を設置
平成21年 鎌倉女子大学教育学部教育学科を設置
平成24年 大船キャンパスに学術研究棟を建設

さいごに

ここまで、鎌倉女子大学初等部についてご紹介してきました。

鎌倉女子大学初等部では豊かな心を育てる教育や鎌倉女子大学初等部の英語教育、目標を持って取り組む各種検定試験、さまざまな特色があり、お子さんの成長のきっかけになる教育が施されている学校です。

そのため、ぜひ、ご家庭の志望校の一つとして検討してみてくださいね。