お受験グッズ

【お受験用のおすすめレッスンバッグ】選び方やポイントをプロが解説

お受験で必要なアイテムのひとつに「レッスンバッグ」があります。

レッスンバッグは、通塾や模試のときにお子さんが使うバッグになります。

また、中には図書館に行くときに使用したり、お受験のときのサブバッグとして使用する方もいらっしゃいます。

そのため、お子さん用のレッスンバッグを1つは用意しておくことをおすすめします。

加えて、レッスンバッグは、通塾時に使用するため、色や見た目はもちろん、クーピーペンなどの文房具やプリントが収納できる大きめのサイズを用意する必要があります。

そこで今回は、お受験用のおすすめレッスンバッグについて、先輩ママやプロの意見を踏まえて、わかりやすく解説していきます。

レッスンバッグを選ぶ時のポイント

お受験用のレッスンバッグは通塾時のほかに、模試のときなども使用することが多いため、見た目やデザインだけでなく、収納力も大切です、

ちなみに、レッスンバッグによく収納するものとしては、次のようなものがあります。

◉クーピーペンなどの文房具

◉プリント・書類

◉ハンカチやティッシュ

◉水筒やお弁当

※長時間のレッスン時など

◉上履き

※模試の時など

◉絵本(待ち時間用)

このように、レッスンバッグには大きめの荷物を入れることが多いです。

そのため、大きめのサイズを選ぶ必要もあります。

これらを踏まえて、レッスンバッグを選ぶときのポイントは次の5つです。

①紺色ベースのもの

②A4~A3が収納できるサイズ

③ポケットが充実している

④撥水性がある

⑤開閉部分がマグネット、またはファスナー

お受験用のレッスンバッグは、上記のポイントをなるべく多く満たすものを選ぶようにしましょう。

では、①~⑤のそれぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①紺色ベースのもの

レッスンバッグは、紺色ベースのものを選ぶようにしましょう。

デザインとしては、主に次の3つがあります。

1.無地

2.ワンポイント(リボンなど)

3.刺繍入り

もし、レッスンバッグとして使用するのであれば、1~3のどれでも問題ありません。

ですが、もしお受験当日に”サブバッグ”として使用するのであれば、1、または2を選ぶのが無難です。

いずれにせよ、紺色ベースのバッグを選ぶようにしましょう。

②A4~B4が収納できるサイズ

レッスンバッグは、文房具や書類など大きめの物を入れることが多いため、大きめのサイズを選ぶことが大切です。

サイズの目安としては、最低でもA4、できればA3サイズの書類が入る大きさのバッグがおすすめです。

荷物の中身は、通塾時や模試時など、その時々によって異なりますので、できるだけ余裕を持って荷物を入れられるサイズを選ぶようにしましょう。

③ポケットが充実している

レッスンバッグのときは、ポケットが充実しているかもポイントです。

内ポケットや外ポケットがあることで、きれいに収納することができ、取り出しやすくなります。

特に、ハンカチやティッシュ、貴重品など、細々としたものを入れるときにポケットは役立ちします。

そのため、ポケットが充実しているバッグを選ぶのもおすすめです。

④撥水性があるかどうか

レッスンバッグを選ぶときは、撥水加工があるもの選ぶのも大切です。

一年のうち、梅雨や秋雨など雨が振りやすい時期がありますし、突然大雨に見舞われることも少くありません。

そうなったとき、撥水加工があるサブバッグだと、中身が濡れる心配がないので安心です。

そのため、撥水加工されたレッスンバッグを選ぶことをおすすめします。

⑤開閉部分がマグネット、またはファスナー

レッスンバッグは、開閉部分が開いているタイプが多いですが、できればマグネットやファスナーが付いているものを選びましょう。

また、レッスンバッグをサブバッグとしても使いたいのであれば、この条件は必須です。

開閉部分が開いていると、いくらきれいに収納していても中身が丸見えになるため、あまりよくありません。

一方で、マグネットやファスナーが付いているのであれば、中身が丸見えになることはありません。

そのため、できれば開閉部分にマグネットやファスナーが付いているものがおすすめです。

お受験用のおすすめレッスンバッグ

ここまで解説してきたポイントを踏まえて、お受験用のおすすめレッスンバッグについてご紹介していきます。

デザイン性や機能性、価格を踏まえた上で選んでみてくださいね!

[ハッピークローバー]ノーブルシリーズ

こちらは、お受験用品のお店である「ハッピークローバー」ノーブルシリーズです。

ノーブルシリーズは、”大切なお子様の受験シーンに絶対に恥ずかしくないもの”をというコンセプトのもとに「上品であること」「しっかりと自立すること」「素材の高級感にこだわりつつ丈夫な素材であること」にこだわったオリジナルブランドとなっています。

A3サイズのスケッチブックが入る大きめのサイズで、外ポケットと内ポケットが付いているので収納力は文句なしです。

また、開閉部分はマグネット式になっているとともに、高級ナイロンツイル撥水生地を使用しているため、雨や汚れにも強い作りとなっています。

デザインは、無地とリボン付きの両方があるため、男女ともに好みの方を使用できます。

お値段は少々高めですが、レッスンバッグとしての機能は十分で小学校入学後にも使うことができるので、イチオシです。

商品の詳細情報

【商品名】
完全撥水[ハッピークローバー/ノーブルシリーズ] 完全日本製 お子様用マグネット開閉 レッスンバッグ スケッチブックサイズ
【価格】
6,332円
【仕様】
・A3サイズ収納可能
・高級ナイロンツイル撥水生地使用
・大きめ外ポケットと内ポケット付
・側面にパスケース用ループ付き。
※キーホルダーも付けられます。

[ハッピークローバー]ノーブルシリーズ 超軽量

【無地タイプ】
【リボンタイプ】

こちらは、お受験用品のお店であるハッピークローバーのノーブルシリーズ、「超軽量 ノーブルツイルナイロン製レッスンバッグ」です。

無地の濃紺色なのでお受験、習い事、学校等さまざまなシーンで使用することができます。

また、お道具箱などを入れることもでき、通塾時はもちろん、入学後の登下校時の手提げ袋の代わりとしても使用できます。

さらに、フッ素加工されているため、撥水性や防汚性に優れており、側面上部には防犯ベルやネームプレートを付けることができるタグも取り付けられています。

デザインは、無地とリボン付きの両方があるため、男女ともに好みの方を使用できます。

先程ご紹介したレッスンバッグより安い価格となっているため、なるべく価格を抑えて上質なバッグを購入したい方におすすめです。

商品の詳細情報

【商品名】
≪ハッピークローバー/お受験専門店≫ 超軽量 ノーブルツイルナイロン製レッスンバッグ 大サイズ(お道具箱サイズ)完全日本製 フッ素加工 キッズ
【価格】
無地:4,155円
リボンタイプ:4,202円
【仕様】
・日本製
・無地/リボンタイプ
・ポケット付き
【外側ポケットサイズ】縦18cm×横21.5cm
・お道具箱やテキストを収納可能
<詳細>
縦32cm×42横cm×マチ7cm
(持ち手40cm)

[ハッピークローバー]紺色ナイロン製

こちらは、お受験用品のお店である「ハッピークローバー」の紺色ナイロン製です。

お道具箱やテキストをがすっぽり入る大きめのサイズになっており、バッグの外側には二つのポケットがあるため、大きな荷物と小物をしっかりと分けて入れることができます。

ちなみに、外側にキッズフォンや防犯ベルを入れることができ、左側のポケットには上蓋も付いているため貴重品も安心してしまうことができます。

また、紺無地のナイロン素材を使用していることから、フォーマルな服装にもしっかりと合わせることができます。

お値段もそこまで高価ではないため、なるべくリーズナブルでしっかりしたレッスンバッグがほしい方にピッタリです。

商品の詳細情報

【商品名】
ハッピークローバー 紺色ナイロン製 レッスンバッグ ba-004
【価格】
3,610円
【仕様】
・日本製
・男女兼用のシンプルデザイン
・内側にネームタグあり
・お道具箱やテキストを収納可能
<詳細>
縦27.5×横39.5×マチ外装8.5
(持ち手33センチ)

スポンサーリンク

サブバッグは別に用意するのがオススメ! 

よく、レッスンバッグをサブバッグとして併用する方がいらっしゃいますが、個人的にはおすすめできません。

その理由は主に次の2つです。

①デザインが異なる

②レッスンバッグは汚れやすい

このような理由でレッスンバッグをサブバッグとして併用するのはあまりおすすめできません。

①②について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①デザインが異なる

レッスンバッグとサブバッグは、厳密に言うとデザインが少し異なります。

レッスンバッグの形は、お子さんが使用する「手提げ袋」に近い形をしています。

一方でサブバッグは、以下のように”マチ”があるのが必須条件になります。

nina’s(ニナーズ)

というのも、サブバッグは面接や待機の際に床や指定の場所に置くことが多いです。

そのときにマチがないバッグだと安定せず、倒れてしまうことが多いです。

加えて、サブバッグは、開閉部分にファスナー、または、マグネットが付いているのも必須条件になります。

そして、この2つの条件を満たすレッスンバッグはごく少数です。

そのため、レッスンバッグをサブバッグとして併用するのはあまりおすすめできません。

②レッスンバッグは汚れやすい

レッスンバッグは通塾時に使用します。

そのため、使っているうちに汚れてしまうことが多いです。

それを試験当日もそのまま使用すると、見た目的にあまりよくありません。

そういった意味でも、レッスンバッグをサブバッグとして併用することはおすすめしません。

さいごに

今回は、お受験用のおすすめレッスンバッグについて、先輩ママやプロの意見を踏まえて解説してきました。

レッスンバッグは、お受験でお子様に必要なアイテムのひとつです。

そのため、今回解説したポイントを踏まえて、お子様にピッタリのレッスンバッグを選んでみてくださいね!

また、サブバッグの選び方やポイントについては以下の記事で詳しく解説しているため、こちらもあわせてチェックしみてくださいね!

【小学校受験のおすすめサブバッグ】サブバッグの必要性や選び方!小学校受験において、サブバッグは書類や子どもの着替え、スリッパなど大きめの荷物を入れるために使用するため必要不可欠です。そこで今回は、サブバッグの必要性や選び方、おすすめのサブバッグについて、先輩ママやプロの意見も踏まえた上で解説していきます。...