学校紹介

【千葉日本大学第一小学校〈学校情報〉】教育理念や特色、学費や制服など解説!

千葉日本大学第一小学校は一貫教育体制を理由に1986年に設立されました。

子どもたち1人1人に対し、しっかりと特性や個性を大切にしています。

また、学力を子どもたちが身に着けることにもきちんと重点を置いています。

千葉日本大学第一小学校の基本情報

学校名 千葉日本大学第一小学校
校長名 石井 和生
創立年度 昭和61年
系列校 日本大学
日本大学第一中学校・高等学校(東京都墨田区)
千葉日本大学第一中学校・高等学校(千葉県船橋市)
日本大学理工学部
日本大学薬学部
児童数 413名
男子:215名
女子:198名
※2019年度
編入試験制度 あり

所在地・最寄り駅

住所 〒274-0063
千葉県船橋市習志野台8-34-2
アクセス JR総武線「津田沼駅」下車→スクールバス(登・下校時)→千葉日大一高構内

教育理念・目標

千葉日本大学第一小学校は、一貫教育をベースとし、一生の友達をつくることや学校や家庭、社会の協調性を大切にし、子どもたちが充実した生活を送ることができることを目指しています。

これらを踏まえたうえで、基本的な学力や創造力を高めていくことを図っています。

校訓
真・・・まっすぐに
健・・・すこやかに
和・・・和やかに
スポンサーリンク

学校長挨拶

学園共通の教育理念「絆を重んじ、良き生活習慣をもった次世代人の育成」を受け本校では、知識面・体力面・精神面の調和のとれた人間形成の実現をめざしています。整えられた環境の中で義務教育前半の6年間の教育課程を工夫し、特色ある教育に取り組んでいます。自ら学ぶ子ども、明るく元気な子ども、思いやりや協調性のある子どもに育つことを願っています。特に、学習を含めた“良き生活習慣”の定着を大切にしております。そのため、挨拶や身の回りの整理整頓ができること、時間を守ること、家庭での自学を続けることなどを重視しています。学習習慣が身に付くことにより、学習内容も理解し学ぶことが好きになります。学ぶことが好きになると学校生活が楽しくなります。私たち教師は、子どもが楽しく学ぶ環境をつくることが使命と考えております。

【引用元】学校長挨拶|千葉日本大学第一小学校

千葉日本大学第一小学校の特色

千葉日本大学第一小学校には以下の5つの特色があります。

つながりを最大に活かした教育
学年ごとに定められたねらいできちんと学べる
選科制の採用
こだわりあふれる英語教育
さくら活動を取り入れている

では、それぞれの特色についてもう少し詳しく見てみましょう。

つながりを最大に活かした教育

千葉日本大学第一小学校は、総合学園です。

このことから、総合学園だからこそできる、日本大学第一中学校と日本大学第一高校、日本大学とのつながりを最大に活かした教育を行っています。

そのため独自の見学体験や体験を取り入れることができるので、子どもたちの学びに役立て、視野を広げることができます。

学年ごとに定められたねらいできちんと学べる

低学年は、基本や基礎についてしっかりと学んでもらい、子どもたちに身に着けてもらいます。

そして高学年は、低学年で身に着けた学びをベースとし、さらにこれを使っていく力を身に着けてもらいます。

またそれだけではなく、家庭学習の習慣化も徹底しており、きちんと自分で勉強することへも重点を置いています。

選科制の採用

理科や英語、図工や音楽といった科目は、専門となっている教師が教えます。

理科の授業では、3年生は担任の教師が教えますが、4年生からは教室で学ぶのではなく、理科室で学ぶことになり、専門となっている教師が教えています。

選科制により、子どもたちが自分達に対し、達成する気持ちを非常に高い水準で経験してもらうことを心がけています。

こだわりあふれる英語教育

千葉日本大学第一小学校では、英語教育は1年生から行っています。

日本人の教師だけではなく、外国人の教師と一緒に学んでいきます。

5年生と6年生では、1週間に3時間、英語の時間を割り当てています。

子どもたちは、実用英語技能検定5級を卒業までに合格することを目指してもらいます。

さくら活動を取り入れている

さくら活動とは、学年という枠を超えて子どもたちが関わることで、様々な成長を目指す活動です。

縦割りグループで活動することで、自覚をはじめとし、協力する気持ちも芽生えることができます。

なかよし登下校やお楽しみ集会、さくら読書など、日常の様々な時間にバランスよくさくら活動をする時間を取り入れています。

【ココだけは押さえておきたい!】
千葉日本大学第一小学校の学費や施設、進学状況

ここでは、千葉日本大学第一小学校の学校生活や施設、進学など、選ぶ上で押さえておきたい状態についてご紹介します。

そのため、この小学校を検討している方は、しっかりチェックしてみましょう。

学費・設備費

費用名 学費
入学金 200,000円
施設費 100,000円
授業料 23,500円(月額)
教育充実費 10,000円(月額)
入学記念図書費 10,000円(入学年次)
施設設備費 8,000円(月額)
父母の会・児童会入会金 7,000円
父母の会・児童会会費 26,400円(年額)

授業・学校生活

登校時間
学期 3学期
クラス替え 隔年あり
通学制限
制服 あり
土曜授業 月2回登校
給食 週2回あり
その他弁当
クラブ活動 運動系7
文化系6
アフタースクール
セキュリティ 校内に警備員を配置
登下校・緊急お知らせ情報配信システムの導入
防犯カメラの設置
災害時の対応 AED(自動体外式除細動器)の設置
救命救助研修(AED等)
避難訓練

施設・設備

図書数 あり
パソコン あり(30台)
プール
体育館 あり
その他 メディアルーム
プレイルーム
中庭
ワークスペース
30周年メモリアルルーム
英語ルーム
読書センター
学習情報センター
ホール
本館ロビー

進学・進路

併設校への進学状況

進路指導 あり
小→中 卒業生の約60%が千葉日本大学第一中学校へ進学。
約7%が日本大学第一中学校へ進学。
中→高 日大第一中卒業生の約90%が同高等学校へ進学。
千葉日大第一中卒業生の約90%が同高等学校へ進学。
高→大 日大第一高卒業生の約80%が日本大学へ優先入学。
千葉日大第一高卒業生の約60%が日本大学へ優先入学。

併設高校から主要大学への合格実績

日本大学:60パーセント
早稲田大学
上智大学
東京理科大学
青山学院大学
千葉大学
埼玉大学
信州大学
福島県立医科大学
国立難関私立大学の合格者は、約150名

一日の流れ&学校行事

ここでは、国府台女子学院小学部の一日の流れと一年間の学校行事についてご紹介します。

1日の流れ

登校・着替え
モジュール・タイム・朝の会
午前の授業
昼食・昼休み・清掃
午後の授業
帰りの会・下校
ステップアップタイム

学校行事

4月 始業式
入学式
健康診断
さくらまつり集会
学習参観・懇談会
避難訓練
なかよし下校
交通安全教室(1・2年)
知能検査(2・5年)
学力テスト(2〜5年)
消防署見学(4年)
文部科学省 全国学力学習状況調査
5月 運動会
東葉高速鉄道見学 (2年)
町探検(3年)
6月 専科学習参観週間
歯磨き指導 [日本大学松戸歯学部](1~5年)
さくら音楽集会
日本大学薬学部薬草園見学(4年)
実力テスト(5・6年)
江戸しぐさ体験[両国、日大一中・一高](5年)
修学旅行[ブリティッシュヒルズ](6年)
日本大学理工学部 鳥人間コンテスト 人力飛行機制作見学(6年)
劇団四季「美しい日本語の話し方教室」(5年)
7月 漢字・計算大会
お楽しみ共食
個人面談
水道局出前講座(4年)
七夕集会(1・2年)
スポーツテスト
終業式
8月 夏休み
9月 始業式
夏休み作品展
避難訓練
リレー大会
学習参観・懇談会
スーパーマーケット見学(3年)
自然教室[鴨川青年の家](4年)
郵便屋さんごっこ[生活科](2年)
10月 校外学習[佐倉草ぶえの丘](2年)
父母の会バザー
校外学習[千葉市動物公園](1年)
自然教室[手賀の丘少年自然の家](3年)
食品工場見学(3年)
清掃工場見学(4年)
校外学習[JFEスチール、千葉市科学館](5年)
実力テスト(5・6年)
11月 読書週間
学芸発表会
文章検定
日本大学薬草園見学(4年)
千葉日大一中高文化祭 模擬裁判参加(6年)
12月 漢字・計算大会
お楽しみ共食
個人面談
さくら音楽集会
お楽しみ集会
終業式
冬休み
1月 始業式
席書大会
新1年生1日入学
書初展
漢字検定
英語検定
千葉県私立小学校造形展
実力テスト(1〜4年)
お店屋さんごっこ[生活科](2年)
クラブ見学(3年)
なわとび大会
2月 父母の会 親子ふれあい活動
校外さくら活動
豆まき集会(1・2年)
英検Jr(1〜3年)
創立記念日
なかよし登校
自然教室[新潟](5年)
日本大学理工学部 鳥人間コンテスト 飛行機制作見学(5年)
校外学習[国会議事堂など](6年)
数学検定
3月 学習参観・懇談会
漢字・計算大会
卒業を祝う会(6年)
おわかれ昼食会(1・6年)
卒業式
修了式
春休み

今年度の学校説明会の日程

第1回

日程 2019年4月20日(土)
場所 千葉日本大学第一小学校
時間 AM9:30〜受付

【備考欄】
図工 (20名)「ねんどでコロコロ」図工室
理科 (20名)「楽しい理科実験」理科室
英語 (30名)「英語で楽しくお買い物」英語室
音楽 (40名)「歌に合わせてリズムを楽しく」音楽室
備考千葉日大一小知って、体験してみよう
~本校の教育活動の特色と体験授業~
教育活動全般について説明します。 英語、音楽、理科、図工、専科の授業が体験できます
年長児優先 要予約
WEB予約開始

【注意事項】
・電話での受付は、行っておりません。
・定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・学校説明会の際は、本校スクールバスでJR津田沼駅と北習志野駅を無料送迎致します。
津田沼駅北口 1番より発車 9:00
北習志野駅 1番より発車 9:15
・お帰りのバスについては、当日ご案内いたします。
※ご来校の際は、お手数ですが上履きと靴袋をご持参下さい。
※詳細のお問い合わせは、047-463-6621(事務室)までお願いします。
※天候の急変他、実施に関して変更のある場合はHP トピックスに掲載いたします。

第2回

日程 2019年6月1日(土)
場所 千葉日本大学第一小学校
時間 AM9:30〜受付

【備考欄】
―授業参観―
授業が見学できます。本校卒業生がお話します。年長児優先 要予約
2019年4月22日(月)AM10:00〜WEB予約開始

【注意事項】
・電話での受付は、行っておりません。
・定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・学校説明会の際は、本校スクールバスでJR津田沼駅と北習志野駅を無料送迎致します。
津田沼駅北口 1番より発車 9:00
北習志野駅 1番より発車 9:15
・お帰りのバスについては、当日ご案内いたします。
※ご来校の際は、お手数ですが上履きと靴袋をご持参下さい。
※詳細のお問い合わせは、047-463-6621(事務室)までお願いします。
※天候の急変他、実施に関して変更のある場合はHP トピックスに掲載いたします。

第3回

日程 2019年7月21日(日)
場所 千葉日本大学第一小学校
時間 AM9:30〜受付

【備考欄】
年長児優先 要予約
2019年6月3日(月)AM10:00〜WEB予約開始
中・高・大への進学と子どもの学び広場~未来にはばたけ~
高等学校の進学担当者が、進学動向を説明します。
本校の学級担任が、体験授業をお子様に実施します。

【注意事項】
・電話での受付は、行っておりません。
・定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・学校説明会の際は、本校スクールバスでJR津田沼駅と北習志野駅を無料送迎致します。
津田沼駅北口 1番より発車 9:00
北習志野駅 1番より発車 9:15
・お帰りのバスについては、当日ご案内いたします。
※ご来校の際は、お手数ですが上履きと靴袋をご持参下さい。
※詳細のお問い合わせは、047-463-6621(事務室)までお願いします。
※天候の急変他、実施に関して変更のある場合はHP トピックスに掲載いたします。

第4回

日程 2019年9月14日(土)
場所 千葉日本大学第一小学校
時間 AM9:30〜受付

【備考欄】
要予約
2019年7月22日(月)AM10:00〜WEB予約開始
今年度入学試験の概要
2020年度入試概要をご説明します。

【注意事項】
・電話での受付は、行っておりません。
・定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・学校説明会の際は、本校スクールバスでJR津田沼駅と北習志野駅を無料送迎致します。
津田沼駅北口 1番より発車 9:00
北習志野駅 1番より発車 9:15
・お帰りのバスについては、当日ご案内いたします。
※ご来校の際は、お手数ですが上履きと靴袋をご持参下さい。
※詳細のお問い合わせは、047-463-6621(事務室)までお願いします。
※天候の急変他、実施に関して変更のある場合はHP トピックスに掲載いたします。

第5回

日程 2019年12月14日(土) AM9:30〜受付。
場所 千葉日本大学第一小学校
時間 AM9:30〜受付

備考欄】
年中、年少児対象説明会
教育活動全般について説明します。要予約
2019年11月18日(月)AM10:00〜WEB予約開始

【注意事項】
・電話での受付は、行っておりません。
・定員になり次第締め切りとさせていただきます。
・学校説明会の際は、本校スクールバスでJR津田沼駅と北習志野駅を無料送迎致します。
津田沼駅北口 1番より発車 9:00
北習志野駅 1番より発車 9:15
・お帰りのバスについては、当日ご案内いたします。
※ご来校の際は、お手数ですが上履きと靴袋をご持参下さい。
※詳細のお問い合わせは、047-463-6621(事務室)までお願いします。
※天候の急変他、実施に関して変更のある場合はHP トピックスに掲載いたします。

千葉日本大学第一小学校の沿革・歴史

大成2年 日本大学最初の付属校として、日本大学中学校の名称のもとに神田三崎町
(現在の千代田区西神田日本大学構内)に創立
大成13年 両国の現在地に新校舎を建築。10月落成の後、移転
昭和21年 財団法人日本第一学園として、日本大学より経営面を独立。
初代理事長に加納金助就任
昭和25年 校名を日本大学第一高等学校・日本大学第一中学校と改称
昭和26年 財団法人より学校法人日本第一学園に組織変更
昭和28年 理事長加納金助逝去にともない、後任として第二代理事長に加納弘就任
昭和30年 千葉県富津市笹毛新舞子海岸に海浜学校寮舎を設置。
昭和37年 創立50周年にあたり記念事業として千葉県船橋市習志野台の約8万平方メートルの土地買収
昭和43年 兄弟校として上記地に千葉日本大学第一高等学校開校
昭和45年 上記地に千葉日本大学第一中学校開校
昭和61年 上記地に日本大学特別付属校として日本第一学園小学校を開校。
初代校長に日暮孟就任
平成4年 学園創立80周年記念式典開催
平成7年 日本第一学園小学校創立10周年記念式典開催
平成9年 千葉日本大学第一小学校にて男女共学実施。(第一学年より)
平成12年 学校法人名を日本第一学園から日本大学第一学園に改称
平成14年 理事長加納弘退任、学園長に就任。
第三代理事長に加納誠就任
平成15年 千葉日本大学第一小学校第三代校長に並木茂文就任
平成17年 千葉日本大学第一小学校創立20周年記念式典開催
平成19年 千葉日本大学第一小学校第四代校長に吉澤重雄就任
平成24年 学園創立100周年記念式典開催
平成25年 千葉日本大学第一小学校第五代校長に石井和生就任
平成27年 千葉日本大学第一小学校創立30周年記念式典開催

さいごに

ここまで、千葉日本大学第一小学校についてご紹介してきました。

千葉日本大学第一小学校では、つながりを最大に活かした教育や選科制の採用こだわりあふれる英語教育などの、さまざまな特色があり、お子さんの成長のきっかけになる教育が施されている学校です。

そのため、ぜひ、ご家庭の志望校の一つとして検討してみてくださいね。