学校紹介

【玉川学園小学部〈学校情報〉】教育理念や特色、学費や制服などを解説!

玉川学園小学校は、幼稚部から大学院まで、同じキャンパスの中で教育を受けることができます。
この状況で子どもたちは、知育と徳育、体育の教育観点から、バランス力のある人間を目指すことが出来ます。

玉川学園小学校の基本情報

学校名 玉川学園小学校
校長名 小原芳明
創立年度 1929年
系列校 玉川幼稚部
玉川小学部
玉川中学部・高等部
玉川国際バカロレア(IB)クラス
玉川学園[幼小中高]
玉川大学
児童数 648名
男子:299名
女子:349名
※2019年度
1クラスの人数 35名
クラス数 4クラス

所在地・最寄り駅

住所 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
アクセス 小田急線「玉川学園前」駅 北口より、新宿方面へ進み、正門へ到着します。(徒歩3分)

教育理念・目標

玉川学園は、全人教育をモットーに、人間形成に必要な真・善・美・聖・健・富」という価値を作ることを目指しています。
また、国際を視野に入れた教育自ら困難に立ち向かうことができる人材の育成リーダー育成にも力を入れています。

学校長挨拶

玉川学園では、5年生から中学年校舎で6年生、7年生、8年生と一緒に生活します。
5年生、6年生は中学生と一緒に学校生活を送ることで、様々な自分の可能性に気づき、目標をしっかりと持つことができます。
小学校課程から中学校課程へ違和感なくスムーズに学校生活を続けることができるのが一貫教育の大切な利点です。

中学年では、低学年で行っている総合学習をさらに発展させるため、各教科の発展学習である「自由研究」に取り組ませます。
これは、各自が選んだテーマを1年間かけて学習する探究学習です。
自分の興味を持った課題に取り組んでいくときに、様々な問題に遭遇します。

そうした問題を考え、調べ、解決していくための方法を見つけていくのです。こうした学習を続けることにより、児童たちは自ら学ぶ姿勢を身につけていきます。

また、5年生では、スキー学校、6年生では林間学校を行い、日常の学習、自由研究、そして、国際教育を含めた各種行事をも含めて、子供たちは大きく成長します。

【引用元】学校長挨拶|玉川学園小学校

玉川学園小学校の特色

玉川学園小学校には以下の5つの特色があります。

BLES(ブレス)クラスを採用
玉川学園延長教育プログラムがある
次の世代のリーダーへの教育
子どもたちの学年に合わせた校舎
成長段階に合わせて学ぶことができる

では、それぞれの特色についてもう少し詳しく見てみましょう。

BLES(ブレス)クラスを採用

玉川学園では、国際的な教育の一環として、BLES(ブレス)クラスという教育を、1年生から採用しています。
これは、国際バカロレア(IB)クラスの道へもつながっており、今後の国際社会に欠かせない学力などを身に着けることができます。
また、文部科学省の教育課程特例校となっています。

玉川学園延長教育プログラムがある

1年生から4年生希望者のみに、有料で放課後に玉川学園延長教育プログラムを行っています。
専門の教師による、自学学習のサポートレゴ教育珠算英語スポーツダンス毎日学ぶ英会話+SHセット音楽などの講座も行っています。
これは、指導経験がしっかりとある講師が対応します。

次の世代のリーダーへの教育

次の世代のリーダーとなる人材への教育を行っています。
主に理数教育ICT教育国際理解教育学びの技といった教育を取り入れています。
このような色々な教育過程で、日本だけではなく世界的に活躍することができるリーダーを目指し、取り組んでいます。
これは、玉川学園ならではの一貫教育があるからこそ出来る教育です。

子どもたちの学年に合わせた校舎

1年生から4年生は、低学年校舎で学校生活を送ります。
低学年校舎は、4階建てとなっており、ヒマラヤ杉をはじめとした、様々な木がある環境にあります。
日ごろ過ごす教室特別教室は、しっかりとのびのび過ごすことができるよう、広さもあります。
5年生と6年生は、中学年校舎で学校生活を送ります。
中学年校舎は、中学1年生と中学2年生もいて、一緒に学校生活を送るようになります。
講堂などのある中央校舎なども、中学年校舎にあります。

成長段階に合わせて学ぶことができる

1年生は、暦年齢で分けた学級編成をしており、1年生と2年生学級担任制度を導入しています。
3年生は、一部のみ教科担任制度を導入し、4年生以上完全に教科担任制度を導入しています。
1年生から4年生は、基礎をベースとした学力を身に着け、5年生と6年生基礎をベースとして応用への学力と、自発的に学力を身に着けられるように学んでいきます。

【ココだけは押さえておきたい!】
玉川学園小学校の学費や施設、進学状況

ここでは、玉川学園小学校学校生活施設進学など、選ぶ上で押さえておきたい状態についてご紹介します。

そのため、この小学校を検討している方は、しっかりチェックしてみましょう。

学費・設備費

費用名 学費
入学金 220,000円
授業料 一般クラス : 800,000円(年額)
BLESクラス : 1,028,250円(年額)
教育諸料 一般クラス :134,000円(年額)
BLESクラス : 144,000円(年額)
教育情報料 20,000円(年額)
施設設備 160,000円(年額)
父母会費 6,000円(年額)
玉川学園K-12
教育施設充実資金
1口100,000円(任意)

授業・学校生活

登校時間 8:20
学期 2・3学期制
クラス替え 毎年あり
通学制限
制服 あり(女子、制服なし)
土曜授業
給食
クラブ活動 あり
剣道
少林寺拳法
陸上
デンマーク体操
野球
サッカー
ラグビー
ソフトボール
エアロビック
バスケットボール
吹奏楽
オーケストラ
ハンドベルクワイア
サイエンスクラブ
ロポットクラブ
バドミントン
水泳
アフタースクール
延長教育プログラム 最長18:00まで(最終お迎え時間 19:00)学校にいることができます
セキュリティ 防犯・防災専門施設
専門スタッフが24時間365日体制で学内を巡回
安心グーパスシステム導入
災害時の対応 3日分の食糧・飲料水、毛布、救急医薬品、日常生活用品、仮設トイレ、復旧用資機材(ジャッキ、レスキューキット、発電機等)を計画的に購入
帰宅困難の発生を想定した宿泊訓練

施設・設備

図書数 あり
パソコン あり(30台)
プール 室内夏季のみ
体育館 あり
その他 電子黒板
教師コーナー
各教室のベランダ
コンピューター室
英語教室
美術室
放送室
低学年ホール
東ホール
芝生グラウンド

進学・進路

併設校への進学状況

進路指導
小→中 小学部から中学部へは、90%が内部進学しますが、進路変更、保護者の転勤に伴い、他校に進学する児童・生徒が10%ほどいます
青山学院中等部
栄光学園中学校
桜蔭中学校
暁星中学校
慶応義塾普通部
慶應義塾中等部
慶応義塾湘南藤沢中等部
駒場東邦中学校
芝中学校
逗子開成中学校、成蹊中学校
中→高

一日の流れ&学校行事

ここでは、玉川学園小学校一日の流れ一年間の学校行事についてご紹介します。

1日の流れ

8:20 全校朝会
8:40~9:25 1時間目
9:30~10:15 2時間目
10:20~」11:05 3時間目
11:10~11:55 4時間目
11:55~12:40 昼休み
12:45~13:30 5時間目
13:35~14:20 6時間目
14:25~15:10 下校

学校行事

4月 入学式
先生初めまして
玉川学園運動会
5月 遠足
アメリカ ハーカー校来園
6月 6年生鎌倉見学
7月 七夕
サマースクール
林間学校
8月 夏休み
オーストラリア エシントン校来園
9月
10月 玉川学園体育祭
ハーカー校訪問
11月 大根の収穫
音楽祭
12月 クリスマス礼拝
1月 4・5年生スキー学校
2月 玉川学園展
3月 春休み

今年度の学校説明会の日程

第1回

日程 5月11日(土)
場所 University Concert Hall 2016
時間 10:00~12:00

【備考欄】

公開授業(全クラス・全教科)
教育内容の説明
個別入試相談コーナー(終了後、希望者のみ)

第2回

日程  6月15日(土)
場所 低学年校舎
時間 10:00~12:00

【備考欄】

教科の説明・教科内容の展示
全教員が対応します。直接各教員とお話ください)

第3回

日程 9月21日(土)
場所 University Concert Hall 2016
時間 10:00~12:00

【備考欄】

開授業(全クラス・全教科)
入試についての説明
個別入試相談コーナー(終了後、希望者のみ)

【注意事項】
※詳細については改めてお知らせいたします。

さいごに

ここまで、玉川学園小学校についてご紹介してきました。

玉川学園小学校では、BLES(ブレス)クラス玉川学園延長教育プログラム次の世代のリーダーへの教育など、さまざまな特色があり、お子さんの成長のきっかけになる教育が施されている学校です。

そのため、ぜひ、ご家庭の志望校の一つとして検討してみてくださいね。