▼YouTubeで定期配信中▼

単元別対策

【小学校受験】(回転)位置移動の教え方とオススメの問題集!

小学校受験のペーパー課題で頻出する単元のひとつに「(回転)位置移動」があります。

位置移動では、例えば次のような問題が出題されます。

階段の下にいるリスがパンダのところまで進みます。左上の進み方のお約束があります。では、リスがパンダのところにちょうど着くことができる進み方の組み合わせを下の3つの中から選んで◯をつけましょう。

2020 早稲田実業学校初等部

位置移動の問題を解く時は、設問の条件や「いくつ、どの方向に進むのか」をきちんと聞いて、理解することが大事です。

そこで今回は、(回転)位置移動の教え方やポイント、オススメの問題集について、小学校受験講師が解説していきます。

小学校受験三つ星ガイドでは、お父様、お母様から大変ご好評の、"単元別"問題集『三つ星ドリル』を販売しています。

【三ツ星ドリルの特長】

◉全30問の問題を収録!
◉基礎〜応用・発展問題まですべて網羅!
◉有名校の過去問の類似問題を多数収録!
◉カラー・モノクロの両方で使用可能!
◉PDFのため、印刷すれば何度でも使える!
◉ポップなイラストで親子で楽しくできる!

他にも、面接対策に役立つ『合格する親の面接対策(400問以上収録)』『合格する子どもの面接対策(全100問収録)』願書作成に必須『合格する「志望理由の書き方』などがあります。

それぞれ、サンプルページをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧くださいね!

「位置移動」問題の種類と教え方

小学校受験の位置移動の問題では、主に次の3つの種類が出題されることが多いです。

1.すごろくのような問題

2.方眼図上での位置移動問題

3.回転位置移動問題

では、1~3について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

1.すごろくのような問題

1つ目は、すごろくのような問題です。

例えば、次のような問題があります。

うさぎとカメが矢印の向きにグルグル回ってかけっこをします。うさぎは1回に6個進み、カメは1回に3個進むお約束です。うさぎが4回、カメが7回進むと、それぞれどこに着きますか。うさぎの着いたところに◯、カメの着いたところに△をかきましょう。

2018 西武学園文理小学校

うさぎがサイコロをふって、⚁⚃⚅の目が出たときはその数だけ左に、⚀⚂⚄の目が出たときはその数だけ右に進みます、うさぎが今いる場所から3回サイコロをふると、すぐ上の四角にかいてある目が出てその数だけ進みました。うさぎが進んだマス目に◯を書きましょう。

2017 早稲田実業学校初等部

このような問題では、一定の条件に従って、うさぎやカメの位置を答える問題になります。

この場合、設問の条件をきちんと聞いて、理解することが必要です。

また、条件やルールが複雑な問題もあるため、その場合は、余白などに自分なりにメモして、忘れることを防ぐ工夫をする必要もあります。

そのため、「問題文を聞き取り、理解する力」と「メモする力」の2つを意識して教えることが大切になります。

2.方眼図上での位置移動問題

2つ目は、方眼図上での位置移動問題です。

例えば、次のような問題があります。

ばっちりくんドリル 位置・位置の移動(応用編)

このように、方眼図上での位置移動の問題もよく出題されます。

方眼図の位置移動問題を解くためには、問題の条件やルールを聞き取るだけでなく、

・右(左)に◯個進んで、右(左)から~番目

・右(左)から~列目

・上(下)から◯段目

というような方眼図上での位置の表現の仕方も重要になります。

そのため、方眼図上での位置の移動を教える時は、上記のような言葉の言い回しを教えることもポイントのひとつです。

また、問題を解く時は、手作りで方眼図を作った上で、人形やおはじきなどを使って位置の移動を考える「具体物を使った学習」も取り入れるとさらに理解が深まるため、オススメです。

3.回転位置移動問題

最後は、回転位置移動の問題です。

回転位置移動には、次のような問題があります。

●が左の図から右の図の場所にくるように形を回しました。すると、お部屋の中の絵はどのようになりますか。

この問題では、ただ位置を移動させるだけでなく、回転させたらそれぞれの図形がどのマスに位置するのかを想像する力が必要です。

これは応用的な問題ですが、有名私立小学校などで出題されることがあるため、きちんと対策する必要があります。

また、最初からペーパー上で解こうとするとうまくできないケースが多いため、最初は具体物を使うことをおすすめします。

※具体物を用意するときは、問題用紙をA4またはB4などで印刷して、切り取るだけでOKです。

「位置移動」のオススメ問題集

以下では、「位置移動」問題の学習にオススメの問題集をご紹介します。

そのため、「位置移動」の問題集をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ばっちりくんドリル「位置・位置移動 基礎編」

『ばっちりくんドリル』は、小学校受験の幼児教室「理英会」の分野別単科ゼミで使用しているテキストを、家庭学習用に発展させたドリルです。

「位置・位置移動 基礎編」シリーズでは、はじめてのお子さんでも解きやすいさまざまな問題が収録されているため、基礎的な問題に取り組みたい方にピッタリの問題となっています。

また、問題の図や回答欄も大きいため、お子さんが使いやすい形式になっているのも特長のひとつです。

商品の詳細情報

【商品名】
ばっちりくんドリル 位置・位置移動(基礎編) (理英会の家庭学習支援シリーズ)
【価格】
770円

ばっちりくんドリル「位置・位置移動 応用編」

こちらは、一つ前にご紹介した教材の「応用編」となっています。

基礎編に比べて、より入試問題に近い形式となっているため、「位置移動」の応用問題を解きたい方、「位置移動」の単元をより強化したい方にはピッタリの教材です。

また、「位置移動」の難易度も高くなっているため、基礎編の問題が簡単だと感じる方も、ぜひ応用編に取り組んでみるとよいでしょう。

商品の詳細情報

【商品名】
ばっちりくんドリル 位置・位置移動(応用編) (理英会の家庭学習支援シリーズ)
【価格】
770円

スポンサーリンク

さいごに

今回は、「位置移動」に関する問題の特徴と対策方法、オススメの問題集について、解説してきました。

位置移動は、小学校受験のペーパー課題で頻出する問題のひとつです。

そのため、位置移動の問題対策をしたい方は、今回解説したことを参考にしてみてくださいね!

小学校受験三つ星ガイドでは、お父様、お母様から大変ご好評の、"単元別"問題集『三つ星ドリル』を販売しています。

【三ツ星ドリルの特長】

◉全30問の問題を収録!
◉基礎〜応用・発展問題まですべて網羅!
◉有名校の過去問の類似問題を多数収録!
◉カラー・モノクロの両方で使用可能!
◉PDFのため、印刷すれば何度でも使える!
◉ポップなイラストで親子で楽しくできる!

他にも、面接対策に役立つ『合格する親の面接対策(400問以上収録)』『合格する子どもの面接対策(全100問収録)』願書作成に必須『合格する「志望理由の書き方』などがあります。

それぞれ、サンプルページをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧くださいね!

▼YouTubeで定期配信中▼